「妻が全財産を相続」する場合の相続税上のメリットとは?

今回は、「妻が全財産を相続」する場合の相続税上のメリットについて説明します。※本連載は、ファイナンシャルプランナー・高橋成壽氏の著書、『ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術』(廣済堂出版)の中から一部を抜粋し、50~70代の女性を対象とした相続対策のポイントなどをご紹介します。

「持ち家・宅地」も妻が相続したほうがよい理由

子どもたちの将来のためにも、また子どもたちとの「いい関係」のためにも、妻が全財産を相続するのがベストなのは間違いありませんが、もっと間違いないのは、「妻に全財産」で相続税上の特典(メリット)をめいっぱい受けることができることです。

 

主には、次の二つが挙げられます。

 

持ち家・宅地は妻が相続すると、相続税は確実に各段に安くなる(小規模宅地等の特例)

持ち家の宅地を、配偶者や同居していた親族、また一定の親族が相続したときには、宅地面積のうち330平方メートル(2014年12月末までは240平方メートル)までは、80%評価減することができます。

 

この「小規模宅地等の特例」は、子どもが相続する場合には、相続開始前からその宅地上の家に住んでおり、かつ相続税の申告期限まで住み続けているか、あるいは被相続人に配偶者や他の同居親族がいなかった場合で一定の要件を満たす場合にしか、適用を受けることができません。しかし、妻が相続すれば、どのような場合にも適用を受けることができます。

 

その家に住み続ける場合はもちろんのこと、子どもたちのいずれかの家に同居したり、老人ホームに入居したりして、家・宅地を手放すことになっても、適用されます。

 

また、仮に相続開始前に、何らかの事情で妻が夫と同居していなかったとしても、適用が受けられるのです。つまり、妻が相続すれば確実に「節税」ができるというわけです。

妻は、相続財産「1億6000万円まで」が非課税

相続税の算定方法については、別項(相続税の計算過程)に示した通りです。ここでは、最終的に各相続人に分割された相続分の価格から、さらに該当する控除の要件にしたがって、課税される相続財産の額を減らすことになります。

 

配偶者は法定相続分(2分の1)までの相続なら〝税金フリー〟、相続税はかかりません。また、法定相続分以上の相続をした場合でも、1億6000円までなら、やはり税金フリーになるのです。

 

たとえば、遺産総額が1億6000万円で、相続人が妻と子ども二人のケースで、①妻が全財産を相続する場合と、②妻と子ども二人(A、B)が法定相続分通りに相続する場合の相続税額を比べてみると、下記のようになります(基礎控除については、2015年改正後の計算式を適用)。

 

つまり、1億6000万円の財産をすべて妻が相続すると、法定相続分通りに相続した場合より、860万円の節税になるというわけです。

 

【妻が全財産を相続した場合とそうでない場合の税額比較】

※遺産総額が1億6000万円で、相続人が妻と子供二人のケース。なお、相続財産のなかには非課税財産等はないものとして計算

 

☆基礎控除額3000万円+(600万円×3人)=4800万円

☆課税財産価額1億6000万円―4800万円=1億1200万円

☆法定相続分で相続税額の総計を計算

妻…1億1200万円×2分の1→5600万円×30%-700万円=980万円

子A、Bそれぞれ…1億1200万円×4分の1→2800万円×15%-50万円=各370万円

相続税総額980万円+370万円×2=1720万円

 

☆これを、実際の相続割合で按分

①妻が全財産を相続する場合

→以下の計算により、実際の相続税総額は0円

妻の相続税額…1720万円×100%=1720万円

ただし、妻の実際の相続額は1億6000万円以下なので、相続税額は0になる

 

妻と子供二人が法定相続分通りに相続する場合

→以下の計算により、実際の相続税総額は860万円

妻の相続税額…1720万円×50%=860万円

ただし、妻は法定相続分までは非課税(ないし相続額が1億6000万円以下)なので、相続税額は0になる

子A、Bの相続税額…1720万円×25%=各430万円子供2人で860万円

寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

FP王子の異名をもつFP業界を代表するファイナンシャルプランナー。慶應大学総合政策学部を卒業後、金融系キャリアを経て2007年に寿FPコンサルティングを設立。女性のためのマネープラン提供を志し、クライアントの9割が女性。相続においては節税のみに偏らず、士業と一線を画した「FPならでは」のライフプラン視点に基づく相続対策が好評。相続対策では資産全体の管理・運用も手掛け、系列主義の銀行や証券会社では実現できないポートフォリオ構築を手掛けている。

著者紹介

連載女性のための「老後破産」を防ぐマネー術

本連載は、2014年12月5日刊行の書籍『ダンナの遺産を子どもに相続させないで』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術

ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術

高橋 成壽

廣済堂出版

60代前後の女性は、ダンナが亡くなった後のことをほとんど考えていません。ダンナが亡くなったあと、年金が大幅に減ることも、現金がないと家や土地を子どもに半分分け与えることになってしまうことも、ほとんどの人は知りませ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧