「ボケ」防止にもつながる!? 妻が全財産を相続・管理すべき理由

今回は、妻が全財産を相続・管理する、意外なメリットをご紹介します。※本連載は、ファイナンシャルプランナー・高橋成壽氏の著書、『ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術』(廣済堂出版)の中から一部を抜粋し、50~70代の女性を対象とした相続対策のポイントなどをご紹介します。

気を張り、頭も使う「大きな財産」の管理

持ち家と宅地から、金融機関の預貯金や有価証券、それに保険に至るまで、妻が全財産を相続することには、意外な〝副次効果〟があります。それは、

 

「ボケ防止」

 

ができるということです。

 

今まで通り、一家の家計を預かり、日々月々の生活費を、やりくりする分には、何千円、何万円、せいぜい多くても数十万円程度のお金の足し算引き算ですみます。

 

しかし、この先何十年分かの生活資金や、あちらこちらの金融機関に預けているお金、有価証券、保険も含めた全財産を管理するとなると、何しろまず、「ケタ」が違ってきます。また、資産運用も自分でやるとなると、それなりに「勉強」もしなければなりません。

 

そういうお金の管理も、面倒くさいからと子どもさんに任せるのではなく、ぜひご自分でやってみてください。

 

子どもさんにしても、頼まれればいやとは言わないでしょうが、日々の生活で忙しいので、負担になるかもしれません。

 

また、子どもさんのうちの誰かひとりに頼むことで、他のきょうだいが、「お母さんの財産をお兄さんが管理しているみたいだけど、自分の都合のいいようにしないかしら」など、疑心暗鬼になることもあり得ます。

 

子どもたちの間に要らぬ争いのタネをまくより、夫が遺してくれた財産は、自ら責任をもって管理するのがいちばんです。大きな財産、それも夫から受け継いだ大事な財産を管理することで、気も張りますし、頭も使います。

視野も広がり、新しい発見も?

また、資産運用も自分で行うとなると、経済や社会の動きにも注意するようになり、関心のなかったことにも興味を持つようになり、これまでは入ってこなかった情報も入ってくるようになり、視野も広がれば、新しい発見もあるでしょう。

 

それは、「これまでお父さんに頼りっぱなしだったけど、私だってやればできるんだわ」という自信にもつながります。

 

気持ちが若返り、そうすると外見も若返り、なんといっても「ボケ」防止に役立ちます。

 

もし、どうしても不安な場合は、ファイナンシャルプランナーをご利用ください(宣伝のようで恐縮ですが……)。

 

間違っても、最初に金融機関に行かないでほしいと思います。とくに銀行は、保険金や遺産が振り込まれると、とたんに営業にきますので、注意してください。彼らの話を聞く必要はありません。

寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

FP王子の異名をもつFP業界を代表するファイナンシャルプランナー。慶應大学総合政策学部を卒業後、金融系キャリアを経て2007年に寿FPコンサルティングを設立。女性のためのマネープラン提供を志し、クライアントの9割が女性。相続においては節税のみに偏らず、士業と一線を画した「FPならでは」のライフプラン視点に基づく相続対策が好評。相続対策では資産全体の管理・運用も手掛け、系列主義の銀行や証券会社では実現できないポートフォリオ構築を手掛けている。

著者紹介

連載女性のための「老後破産」を防ぐマネー術

本連載は、2014年12月5日刊行の書籍『ダンナの遺産を子どもに相続させないで』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術

ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術

高橋 成壽

廣済堂出版

60代前後の女性は、ダンナが亡くなった後のことをほとんど考えていません。ダンナが亡くなったあと、年金が大幅に減ることも、現金がないと家や土地を子どもに半分分け与えることになってしまうことも、ほとんどの人は知りませ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧