夫の全財産の相続で手に入れるべき「ストレスフリー」な生活

今回は、夫の全財産の相続して、ストレスフリーな生活を送ることのメリットを見ていきます。※本連載は、ファイナンシャルプランナー・高橋成壽氏の著書、『ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術』(廣済堂出版)の中から一部を抜粋し、50~70代の女性を対象とした相続対策のポイントなどをご紹介します。

「子どもたちへの依存」の代わりに「財産」を手にする

子どもたちに相続させず、夫の全財産を相続する──。

 

それは言いかえれば、「子どもたちに依存しない」ことと引き換えに、「財産を手にする」ということ、そしてまた、「自由を手にする」ことでもあるのではないでしょうか。

 

起きたいときに起きて、食べたいときに食べて、寝たいときに寝る。

 

「今日は○時くらいに○○に出かけて○時くらいに帰るつもりだけど、いいかしら?」と、いちいち家族におうかがいを立てなくても、出かけたいときに出かけ、時間を気にせず買い物やお友だちとのお食事を楽しむ。

 

出先で欲しいものを見つけたら、迷わずに買って帰る……。

 

もし子どもさんが相続した家に同居させてもらっている立場なら、なかなかこうはいかないでしょう。

「自由気まま」は家・宅地と十分な資金を相続してこそ

自分が家を相続し、子どもを「同居させている」立場ならまだしもですが、それでも、自由になるお金がなければ、買い物も外食も、「もったいないから、やめておきましょう」となってしまいます。

 

こんなふうに、「自由気まま」な生活ができるのは、立場的な自由と、経済的な自由があればこそ。ご主人の遺してくれた家・宅地と十分な資金を相続してこそ、なのです。

 

自由気ままな生活は、みなさんを少なからずストレスから解放させてくれるはずです。

 

「ストレスフリーな生活」が「元気で長生き」の秘訣といわれていますが、実際、年をとってからかかりやすいといわれる病気は、ストレスが引き金になったり、一因になったりしてかかるケースが多いのです。

 

みなさんには、ストレスフリーの生活で、ぜひ「元気で長生き」の人生をまっとうしていただきたいものです。

寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

FP王子の異名をもつFP業界を代表するファイナンシャルプランナー。慶應大学総合政策学部を卒業後、金融系キャリアを経て2007年に寿FPコンサルティングを設立。女性のためのマネープラン提供を志し、クライアントの9割が女性。相続においては節税のみに偏らず、士業と一線を画した「FPならでは」のライフプラン視点に基づく相続対策が好評。相続対策では資産全体の管理・運用も手掛け、系列主義の銀行や証券会社では実現できないポートフォリオ構築を手掛けている。

著者紹介

連載女性のための「老後破産」を防ぐマネー術

本連載は、2014年12月5日刊行の書籍『ダンナの遺産を子どもに相続させないで』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術

ダンナの遺産を子どもに相続させないで 50~70代のみなさまへ わが子のためにもなる相続と老後のマネー術

高橋 成壽

廣済堂出版

60代前後の女性は、ダンナが亡くなった後のことをほとんど考えていません。ダンナが亡くなったあと、年金が大幅に減ることも、現金がないと家や土地を子どもに半分分け与えることになってしまうことも、ほとんどの人は知りませ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧