内田日銀副総裁の発言で米ドル/円は「1ドル150円」目前だが…為替のプロが冷静に見極める「円安の限界」

2月13日~19日の「FX投資戦略ポイント」

内田日銀副総裁の発言で米ドル/円は「1ドル150円」目前だが…為替のプロが冷静に見極める「円安の限界」
(※画像はイメージです/PIXTA)

2月8日の内田日銀副総裁による「マイナス金利解除でも緩和的な金融環境を維持する」といった旨の発言を受けて、足元の米ドル/円は、1ドル150円目前まで円安が進んでいます。こうしたなか、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、日銀関連のイベントが「すこぶる投機的な材料になっている」と冷静に指摘します。米ドル/円相場は今後どのような動きをみせるのか、吉田氏が解説します。

2月13日~19日の「FX投資戦略」ポイント

〈ポイント〉

・先週は日銀副総裁発言などを材料に米ドル/円は149円半ばまで一段高となった。相場が大きく動きやすい日銀関連の材料で、米ドルの保合い「上放れ」が実現したということだろう。

・副総裁発言後も円金利の低下は限定的なので、米金利上昇により米ドル「上放れ」を裏打ちできるかに注目。米金利上昇が限られるようなら、米ドル高も限定的か。

・今週の米ドル/円の予想レンジは148~151円。

先週の振り返り…日銀副総裁発言で一段の米ドル高・円安

先週の米ドル/円は、一時149円半ばまで一段高となりました(図表1参照)。きっかけは、8日の日銀・内田副総裁の発言が予想以上に「ハト派」だったとして円売り材料になったことでした。この日だけで、米ドル/円は148円丁度近辺から149円半ばへ、最大で1.5円程度もの米ドル高・円安となりました。

 

出所:マネックストレーダーFX
[図表1]米ドル/円の日足チャート(2023年11月~) 出所:マネックストレーダーFX

 

こんなふうに、日銀関連のイベントは、為替相場を大きく動かす要因になっています。たとえば、過去2回の日銀金融政策発表日の米ドル/円最大値幅は1.7~2.7円にも達しました。

 

そんな「日銀大相場」の代表例は、やはり植田総裁の「チェレンジング発言」をきっかけに米ドル/円が急落したケースでしょう。これは2023年12月7日の出来事でしたが、この日の米ドル/円最大値幅は何と6円以上にも拡大したのでした。

 

こんなふうに、日銀関連のイベントは、相場が大きく動くきっかけになるといった意味では、今回の内田副総裁の発言を受けて一段の米ドル高・円安が広がったのも、最近の傾向通りだったといえます。

 

米ドル/円は1月中旬から約3週間も、147~148円半ばといった1.5円程度の狭いレンジを中心とした小動きが続いていました。小動きが長く続くほど、相場のエネルギーが溜まり、小動きのレンジを抜けると溜まったエネルギーの発散で一方向に大きく動きやすくなります。

 

今回、相場を大きく動かすきっかけになりやすい日銀関連のイベントである内田副総裁の発言を受けて、米ドル/円がこの間の小動きのレンジを上放れ、一段高に向かったということでしょう。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページ日銀関連の材料はときに“理論では説明がつかない”動きも

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧