(※写真はイメージです/PIXTA)

不動産開発企業の債務問題をきっかけに崩壊したとみられている「中国バブル」。これに伴い、消費者物価指数(CPI)といった経済指標にも「マイナス情報」が現れている。一方で、中国政府はこの現状を「頑なに認めていない」と、現地に住む東洋証券上海駐在員事務所の奥山要一郎所長はいいます。現地駐在員だからこそ伝えられる「現地のリアルな実態」をみていきましょう。

中国経済に“暗雲”も、政府は一貫してポジティブ

「中国の物価が下落基調にある。でも決して“アレ”ではない」――。毎月のように繰り返される同じフレーズ。ここでいう“アレ”は「世の中のモノやサービスの価格(物価)が全体的に継続して下落すること」を指すが、政府はこの状態を認めていない。

 

よって、現地のエコノミストも明言を避けることが多い。マイナス情報の発信が自粛され、「正能量(ポジティブエネルギー)」全盛期の今日。決して重苦しくはないものの、微妙な空気が流れている。

 

出所:筆者作成
[図表]中国の消費者物価指数(CPI)の推移 出所:筆者作成

 

2023年11月の中国の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で0.5%下落した。10月の同0.2%下落に続く2ヵ月連続でのマイナス。「食品」の同4.2%下落、「交通機器(自動車やバイクなど)」の同5.0%下落などが目立つ。前月まで4ヵ月連続で2桁上昇だった「旅行」は同6.8%上昇と落ち着いてきた。

 

CPI全体は1~11月累計で前年同期比0.3%上昇。今年の抑制目標の3%前後を大きく下回って着地しそうだ。

 

この数字を見てデフ……、もとい、“アレ”懸念も出ているが、食品とエネルギーを除くコア指数は0.6%上昇とプラス継続。家計の購買力という観点からは、まだ踏みとどまっている状態といえそうだ。

物価を左右しやすい「豚肉」が大幅に下落

その食品のなかでも豚肉価格が物価全体を左右しやすい。CPIの「P」は豚(Pig)を指すともいわれるゆえんだが、国家統計局によると11月の豚肉価格は前年同月比でなんと31.8%も下落し、CPI全体を約0.58pt押し下げたという。単純計算だが、豚肉がこれほど値下がりしなければCPIがプラスだった可能性もある。

 

直近の数字を羅列すると、7月の豚肉価格は同26.0%下落(CPIを約0.41pt押し下げ)、8月は同17.9%下落(約0.28pt押し下げ)、9月は同22.0%下落(約0.37pt押し下げ)、10月は同30.1%下落(約0.55pt押し下げ)といった具合。

 

今年前半は供給過剰状態から価格が大幅下落したが、政府が国家備蓄制度を通じた買い入れを実施して持ち直した。ただ、直近では再び下落傾向にある。冬場や春節(旧正月)に向けて需要が高まり価格が下げ止まればCPIの下押し圧力も弱まりそうだが、はたして。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

次ページもはや茶番?…中央銀行幹部「中国は“アレ”に陥っていない」

あなたにオススメのセミナー

    【免責事項等】文中の見解はすべて筆者の個人的意見です。写真、グラフ、表などもすべて筆者によるものです。
    ※本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラムから転載したものです。
    この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
    この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ