画像:PIXTA

世界的な一流投資家たちは、みなそれぞれ独自の信念と哲学を有している──。本連載は、金融ジャーナリストであるウィリアム・グリーン氏の著書『一流投資家が人生で一番大切にしていること』(早川書房)より一部抜粋して紹介し、一流の投資家たちの成功哲学を探ります。本稿で取り上げるのは、2015年に109歳で生涯を閉じた、最年長の現役投資家であり慈善家であったアービング・カーン氏。カーン氏が亡くなる数ヵ月前にグリーン氏が行ったインタビューの内容について書かれた箇所を、抜粋して紹介します。

109歳の投資家が語った「充実した人生を送る鍵」

2015年、アービング・カーンは109歳で長い生涯を閉じた。ふたつの大戦、1929年の大恐慌、ソ連の台頭と崩壊、コンピューターの発明などさまざまなものを目撃し、生きぬいてきた。

 

彼の師であり友人でもあるベンジャミン・グレアムから、頭脳を駆使した投資の秘訣を授かり、その知恵を生かしてカーンは、息子のトーマスや孫のアンドリューとともに、名高い投資会社〈カーン・ブラザーズ・グループ〉を設立した。結婚生活は65年にわたり、孫やひ孫が大勢いる。

 

私はカーンが亡くなる数ヵ月前にいくつかの質問をタイプしてアンドリューに託し、アンドリューは数日間かけて祖父の答えを書きとめてくれた。

 

私がいちばん知りたかったのは、単に年数の長さではなく、充実した幸せな人生を送るうえで何が鍵だったのかということだった。「むずかしい質問ですね。人によって答えはちがうでしょう。ですが私にとっては家族がとてもたいせつでした」。

 

人生を振りかえったときに、最も誇りと喜びを感じたことは?

 

「家族がいて、元気な子どもたちがいたこと、事業の成果を見たこと、これらすべてが大きな喜びを与えてくれました。さらに、自分より賢い人たち、だいじな答えを教えてくれる人たちと出会えたことも幸せな出来事だった。人生には不思議なことが多すぎる。どこかで誰かに道を聞かなければなりません」

 

豊かで実りある人生を実現するには何があればいいのだろう? 家族。健康。やりがいがあって誰かの役に立つ仕事──これには顧客の貯蓄を何十年にもわたって損を出さないように複利運用することも含まれる。そして、学び──とくにグレアムからの学び。カーンは、グレアムから「運や偶然に頼らず、企業を吟味し、緻密な調査によって成功する方法を教わった」と言う。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ100歳を過ぎても働くという自由

あなたにオススメのセミナー

    一流投資家が人生で一番大切にしていること

    一流投資家が人生で一番大切にしていること

    ウィリアム・グリーン

    早川書房

    「金は確かに大切だ。だが、豊かな人生に不可欠ではない」 三十年以上にわたる世界的な一流投資家へのインタビューを通じて明かされる、投資の極意と幸福の哲学のすべて。 世界的な一流投資家たちは、みなそれぞれ独自の信…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ