つまり、スニッカーズのCM「こいつ腹減ると〇〇みたいに不機嫌になるんだよ」は“この世の真理”ってコト…!? Xフォロワー27万人超・元陸上自衛官が学んだ「極上の人生訓」

つまり、スニッカーズのCM「こいつ腹減ると〇〇みたいに不機嫌になるんだよ」は“この世の真理”ってコト…!? Xフォロワー27万人超・元陸上自衛官が学んだ「極上の人生訓」
(※写真はイメージです/PIXTA)

つらい任務や訓練を乗り越えるための自衛隊の教えは、「極上の人生訓」だった…。Xフォロワー27万人を超える元陸上自衛官・ぱやぱやくん氏は、このように振り返ります。自衛隊が教えてくれた、数々の“人生を明るく生きぬくコツ”とは? ぱやぱやくん氏の著書『飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る』(育鵬社)より一部を抜粋し、紹介します。本稿では、書籍名にもなっている教訓「食べたくなくてもご飯を食べる」について見ていきましょう。

【関連記事】「自分はメンタル強いから大丈夫」「今までキツいことを乗り越えてきたから大丈夫」――この思考が“実は一番危ない”ワケ

社会で闘うためにも、人にやさしくするためにも、「飯は食え」

自衛隊時代に学んだ教訓に、「食べたくなくてもご飯を食べる」というのがあります。

 

プレッシャーなどでストレスがかかるとお腹が空かなくなり、「食事をしなくてもいいか」という気分になります。

 

しかし、空腹で血糖値が下がると思考力が落ち、攻撃的になるそうです。頭も働かないのでミスが増えます。そしてイライラするので仲間を責めるようになります。

 

つまり、社会で闘うためにも、人にやさしくするためにも、「飯は食え」が鉄則です。

 

そもそも、「自分が満たされていない人が、他人にやさしくするのは難しい」というのが世の常だと思います。

 

どんなに熱い気持ちがあろうが信念があろうが、栄養不足と寝不足は人をイラだたせます。他人にやさしくしたい人は無理をしないでください。まずは自分からです。

どうしても食欲がないときは、とにかく「好きなものを食べる」

どうしても食欲がないときは、とにかく「好きなものを食べる」ということを意識してください。

 

兵隊の間では手軽に食べることができるお菓子が人気です。米軍は戦場に「スニッカーズ」をよく持っていき、銃撃戦の合間にかじって栄養補給します。

 

一方、陸上自衛隊では「ようかん」が好まれます。ようかんのいいところはあまり溶けず、食べても音がしないことです。「ブラックサンダー」もおいしいですが、溶けるのと音が出るのが難点ですね。

 

演習中は筋肉回復に必要なタンパク質も不足しがちなので、私の同期は「酢漬けイカ」を常備していました。「タウリン、タンパク質、クエン酸を大量に含んでいて保存もしやすい」というポイントから、彼はベストだと思っていたようです。小さなカルパスなども「肉を食べていると思うと元気が出る」と人気です。ぜひ参考にしてください。

 

海外派遣の経験がある隊員の口グセは、「味噌汁はすごい」でした。彼いわく、「中東にいようがアフリカにいようが、味噌汁を飲むと日本に帰った気持ちになる」と語っていました。味噌汁とは海外にいても日本へ心をつなぐ、不思議な飲み物なのかもしれませんね。

 

このように好きなお菓子や食べ物には、気持ちを落ち着かせる効果もあります。

冬のメンタル不調は「日の当たる場所で肉を食う」で解消

冬になると日照時間が少ないために気持ちが落ち込む「ウィンターブルー」になる人が多いようです。私も冬に弱いので、「早く春にならないかな…」と松任谷由実の『春よ、来い』を聴いて願っています。

 

ウィンターブルーを解消するには、日光とタンパク質に含まれるトリプトファンが有効だそうです。つまり、「日の当たる場所で肉を食う」が気分を上げる秘訣ですね。

 

なお、体温を奪われると身体がサバイバルモードに切り替わるので、人にやさしくなれなくなります。冬場に嫌みを言いたくなったら、暖かい部屋でお茶を飲んでから考えましょう。

疲労や眠気に襲われたら「カフェイン飲料」で回復

お茶やコーヒーなどに含まれるカフェインには、眠気覚ましだけではなく、だるさを抑えたり、運動能力を向上させる効果もあります。

 

これは私の経験ですが、陸上自衛官の行軍時に本当に疲れたときにカフェイン剤を飲んだら、だいぶ楽になりました。災害時に徒歩で帰宅するときなど、疲労や眠気が襲ってきたらコーヒーを飲んだりすると効果的です。

 

ただし、カフェインの過剰摂取は吐き気を催したり、利尿作用で体温を下げたりするので疲労感が増すことがあります。あくまでも適量を意識してくださいね。

 

 

ぱやぱやくん

防衛大学校卒の元陸上自衛官。退職後は会社員を経て、現在はエッセイストとして活躍中。名前の由来は、自衛隊時代に教官からよく言われた「お前らはいつもぱやぱやして!」という叱咤激励に由来する。著書に『今日も小原台で叫んでいます 残されたジャングル、防衛大学校』『陸上自衛隊ますらお日記』(どちらもKADOKAWA)、『飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る』『「もう歩けない」からが始まり』(どちらも育鵬社)などがある。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

 

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、ぱやぱやくん氏の著書『飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る』(育鵬社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る 自衛隊が教えてくれた人生を明るく生きぬくコツ

    飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る 自衛隊が教えてくれた人生を明るく生きぬくコツ

    ぱやぱやくん

    育鵬社

    健康、食事、睡眠、メンタル、人間関係、災害対策…つらい任務や訓練を乗り越えるための自衛隊の教えは、極上の人生訓でした――。 X(旧Twitter)フォロワー数27万人超え*、話題の元陸上自衛官・ぱやぱやくんによる待望の…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ