「住宅ローン」は銀行を儲けさせるだけ!? マイホームはできる限り「キャッシュ」で買うべき理由【経営コンサルタントが解説】

「住宅ローン」は銀行を儲けさせるだけ!? マイホームはできる限り「キャッシュ」で買うべき理由【経営コンサルタントが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

マイホームを購入する多くの人が「住宅ローン」を利用していますが、それは合理的な選択といえるでしょうか。本記事では、経営者として2つの企業を上場させた実績をもつ経営コンサルタント・池本克之氏の著書『「それでも稼ぐ人」33のルール』(三笠書房)から、家を「キャッシュ」で買うべき理由について解説します。

借金はしてはいけない!「ローン」で痛い目に遭った「私」の話

筆者は「ローン」で痛い目に遭った経験があります。

 

金融関係の会社で社会人生活をスタートさせた筆者は、ざっくりいうと、「メガバンクからお金を調達し、主に中小企業に融資をする」仕事をしていました。その関係上、取引銀行の人からしょっちゅう「使わなくていいので、カードだけつくってもらえませんか?」と頼まれたのです。

 

銀行の人にノルマがあるらしく、「いつもお世話になっている方の成績になるなら」と筆者は気軽に引き受けました。いまのように「当行の普通預金口座不要、来店なしでお申込完了」というほど手続きは簡単ではありませんでしたが。

 

もともと義理でつくっただけですから、当初はまったく使うつもりはなかったのです。でも魔が差すんですね。「ちょっとお金が足りないな」となって、「ま、いっか」と利用するようになってしまいました。

 

一時期、ローン残額が50万円にもふくれ上がりました。給料がまだ手取り20万円弱だというのに……。

 

その後、保険会社に転職して、すぐに年収1,000万円プレイヤーになったことでなんとか乗り切れたとはいえ、いま思うと、けっこう危ないところでした。

 

だから筆者は、ローンの怖さを知っています。その筆者が「ローンはダメですよ」というのですから、説得力があるのではないでしょうか。

 

借金をして資産が増えることは、まずありえません。だから基本的に「してもいい借金」はありません。

 

ただし、一つだけ例外があります。それは「明確な目的」があってする借金です。それも将来に向けて「こんなことをやりたい」「こういう能力を磨きたい」といった確たる目的を達成するために勉強をする、そのお金が足りない、という場合に限ります。

 

当然、「たくさん稼ぎたいから、借金してでもハイリターンの投資商品を買う」というのはいけません。ハイリスク・ハイリターンの運用を狙うこと自体は悪くないけれど、それをやるならまず自分で「種銭を稼ぐ」ところからはじめるのがスジというものです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ住宅ローンで買った家は「資産」ではない

あなたにオススメのセミナー

    「それでも稼ぐ人」33のルール

    「それでも稼ぐ人」33のルール

    池本 克之

    三笠書房

    給料が上がらない。学歴がない。いまは不景気だ。もう若くない―― 「それでも稼ぐ人」に共通する仕事術、投資術、人生戦略とは? ◎できる人は、自分の年収は自分で決める ◎「副業」なんかしない ◎「一円玉」でも迷わ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ