「今のお気持ちは?」「やりきった感はありますか?」〈ヒーロー〉と〈視聴者〉の気持ちをガッチリつなげる質問のスゴい効果【カウンセラーが解説】

「今のお気持ちは?」「やりきった感はありますか?」〈ヒーロー〉と〈視聴者〉の気持ちをガッチリつなげる質問のスゴい効果【カウンセラーが解説】
(画像はイメージです/PIXTA)

相手との関係性を深めたいと思っても、なかなか距離が縮まらない…。そんな悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。しかし、相手の心へ一歩近づく質問ができれば、関係性もより親しいものへと変化します。※本連載は桐生稔氏の著書『質問の一流、二流、三流』(明日香出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

相手との関係性が深まるとき=「気持ちが通じ合ったとき」

三流は、相手と距離をおき、

二流は、「何をしたか?」で関係性を深めようとし、

一流は、どんな質問で関係性を深める?

 

相手との関係性が深まるとき。それは気持ちが通じ合ったときではないでしょうか。

 

「え! 〇〇さんもあの漫画好きなんですか?」と趣味が一致したとき。これは好きという気持ちが重なり合った瞬間です。

 

「私も毎週見てます! あのドラマほんとに泣けますよね〜」というときも、感情が動くツボが合致したときです。

 

また、同じ体験を通じて楽しい気分を一緒に味わったときも、相手が切ない気持ちを理解してくれたときも。人は感情を交換したときに距離がグッと縮まります。

 

それを踏まえると、「事柄」よりも「感情」に触れる質問の方が、相手との関係性を深めることがわかります。

 

一流は、事柄ではなく「相手の気持ち」に触れる質問をする

事柄とは、「何をしたか?」を聞く質問です。

 

「週末は何をされたんですか?」

 

「今何のプロジェクトに取り組んでいるのですか?」

 

それが悪いというわけではありません。その質問が必要なときもあるでしょう。

 

しかし、一流はもう一歩関係性を深める質問をします。

 

A:「週末は久しぶりに海に行ってきました」

 

B:「海! いいな〜! 久しぶりに行って気持ちよかったのではないですか?」

 

「それをしたとき、どう感じましたか?」という、まさに感情に触れる質問です。

 

A:「50周年を記念した新商品の開発に携わっておりまして」

 

B:「お! 一大プロジェクトですね! どうです? 楽しいですか?」

 

これも相手の気持ちに触れる質問です。

 

相手の返答は、「楽しいです!」かもしれないし、「それが実は……」と思いもよらぬ気持ちを吐露してくれるかもしれません。これも感情を交換することで距離が縮まったからこそです。

 

ヒーローインタビューでは、「今のお気持ちは?」「手応えありましたか?」「やりきった感はありますか?」と質問するケースがあります。

 

これもヒーローと視聴者の気持ちを通じ合わせるシーンです。

 

喜ばれる質問は、相手の感情にフォーカスする質問。

 

「すごくワクワクしたのではないですか?」「最高に幸せだったのでは?」

 

などの前向きな感情を宿す質問から、

 

「だいぶご苦労されたのではないですか?」

 

「相当大変だったのでは?」「それは切なかったのでは?」

 

などと辛かった感情を癒やす質問に至るまで。

 

相手との関係性を深めるためには、「何を?」を質問したあとに、もう一歩踏み込んで「どう感じたか?」まで質問してみてください

 

まさに相手の感情に素手で触れたような、相手のことが本当によく理解できる質の高いコミュニケーションになります。

 

【Road to Executive】

 

一流は、「どう感じたか?」で距離を縮める

 

★感情を交換することで関係性を深める

 

 

桐生 稔
株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役
日本能力開発推進協会メンタル心理カウンセラー
日本能力開発推進協会上級心理カウンセラー
一般社団法人日本声診断協会音声心理士

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は桐生稔氏の著書『質問の一流、二流、三流』(明日香出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    質問の一流、二流、三流

    質問の一流、二流、三流

    桐生 稔

    明日香出版

    いま、一流のコンサルタント、コーチ、カウンセラー、会社のマネジメント層やスポーツチームの監督にいたるまでが、徹底的に質問スキルを学んでいます。 一流は、相手の心に響く「言葉」より、相手の心の琴線に触れる「質問」…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ