(※写真はイメージです/PIXTA)

中国では現在、新エネルギー車市場が急速な成長をとげており、まるで戦国時代さながらのシェア争いが繰り広げられていると、東洋証券上海駐在員事務所の奥山要一郎所長はいいます。日本にいては気づけない、世界市場とは大きく異なる「中国の新エネルギー市場」の現在地を、奥山所長が解説します。

成長が著しい「新エネ車市場」の現在地

中国の新エネルギー車市場の成長が続いている。

 

今年9月の販売台数は前年同月比27.7%増の90万4,000台。1~9月累計は627万8,000台で、前年同期から37.5%増えた。自動車販売全体に占める新エネ車比率は29.8%で、「2025年に20%」という政府目標は前倒しで達成した。

 

各社が投入する新モデルはほぼオール新エネ車。世界市場とは大きく異なるマーケットがここ中国で生まれている。

 

市場をプレーヤー別に見ると、BYD(01211/002594)の強さが際立つ。22年にガソリン車事業から撤退し、

 

新エネ車に注力。1~9月の新エネ乗用車市場のシェアは36.3%で断トツの1位だ。2位のテスラ(8.4%)、

 

3位の広汽AION(6.9%)に大きな差をつけている。足元10月の販売も前年同月比38.6%増の30万1,833台と好調。

 

ローエンドからハイエンドモデルまで揃う豊富なラインアップ(20モデル超)に加え、半導体や車載電池なども合わせた自社一貫生産が強みだ。

 

BYDの累計販売台数 出所:同花順データより東洋証券作成
BYDの累計販売台数
出所:同花順データより東洋証券作成

 

今年の販売目標は300万台。10月までに238万台を売り上げており、目標達成はほぼ確実視されている。これに続くのが「新興EV3社」だ。理想汽車(02015)の10月販売台数は前年同月比302.1%増の4万422台で、単月ベースで過去最高を更新した。広くて快適な車内はファミリー層に人気。

 

小鵬汽車(09868)は同月で同292.1%増の2万2台を売り上げ、初めて2万台の大台を突破した。高級感溢れるデザインで若者の間で人気上昇中だ。NIO(09866)は、充電ではなく電池そのものを入れ替える「電池交換ステーション」(所要時間約3分)を自前で建設するなど効率を重視した独自戦略を貫く。10月販売は同59.8%増の1万6,074台だった。

 

この3社は、22年は月間販売台数1万台を挟んで拮抗していたが、直近では理想汽車が大きく抜け出してきた感がある。NIOは先ごろ、従業員の10%削減を計画中と伝わっており、明暗が分かれつつある。

 

汽車集団(02238)が立ち上げたEV専用ブランドで、最近は街中で見かけることが多くなってきた。吉利汽車控股(00175)は高級EVブランド「ZEEKR」を展開するほか、百度集団(09888)との共同開発車も市場投入する。出遅れ感のある上海汽車集団(600104)など老舗メーカーの巻き返しにも期待しよう。

 

一方、市場から脱落する企業も数多い。10月には、新興EV3社に次ぐ2番手グループの成長株と目されていた威馬汽車科技グループの破産申請が明らかになった。製品のポジショニングが中途半端で商機をつかみ損ねた、という厳しい指摘も出ている。

 

弱肉強食の激しい競争。それを乗り切ったメーカーこそが真の王者として君臨していくのはどこの業界でも一緒だ。今年は900万台市場になると予想される中国新エネ車市場。戦国時代さながらのシェア争いはまだまだ続く。

 

 

奥山 要一郎

東洋証券株式会社

上海駐在員事務所 所長

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    【免責事項等】
    ※本記事は、東洋証券株式会社のコラムから転載したものです。
    この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
    この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ