※画像はイメージです/PIXTA

亡くなった人の借金を負担しないで遺産相続を済ませるには、相続放棄をすることが一般的です。しかし、それ以外にも限定承認という選択肢があります。一体どのような制度なのでしょうか。本記事では、相続放棄との違いや、手続きの方法、税務上の注意点を中心に、限定承認について解説していきます。

限定承認は、もらった遺産の範囲内で借金を返す方法

遺産相続では預貯金や不動産などといったプラスの価値を持つ財産だけでなく、借金のようにマイナスの価値を持つ財産も引き継がなければなりません。亡くなった被相続人に多額の借金があれば、相続人が返済する義務を負います。

 

被相続人の借金の返済を免れる方法として、相続放棄をすることはよく知られていますが、もう1つ限定承認という方法もあります。限定承認をすれば、もらった遺産の範囲内で借金を返済することができます。

 

たとえば、被相続人に預金が3,000万円、借金が4,000万円あった場合は、限定承認をすると4,000万円の借金のうち3,000万円だけ返済すればよいことになります。残りの1,000万円を返済する義務はありません。

 

限定承認相続放棄はそれぞれ次のような違いがあります。

 

[図表1]相続放棄と限定承認の違い

限定承認が適しているケース

相続で限定承認をすることが適しているのは次のような場合です。

 

・遺産と借金のどちらが多いかがはっきりしない

・家業を承継するときに借金の返済を遺産の範囲内にとどめたい

・借金を負担してでも相続したい財産(自宅・大切な骨董品など)がある

 

借金よりも遺産の方が明らかに多いのであれば、通常の相続(単純承認)をすることが適しています。反対に借金の方が明らかに多い場合は、相続放棄をすることが適しています。遺産と借金のどちらが多いかがはっきりしない場合では、単純承認と相続放棄のいわば中間的な方法として、限定承認を選択することができます。

 

事業用資産や自宅、大切な骨董品などどうしても必要な財産があるものの、多額の借金があるような場合にも限定承認が適しています。単純承認をすると借金を全額返済する必要がありますが、相続放棄をすると遺産を引き継ぐことができません。限定承認では必要な財産を引き継いで、かつ借金の返済を相続財産の範囲内にとどめることができます。

 

ただし、はじめにお伝えしたように限定承認が実際に行われるケースは少数にとどまります。ここ数年は、年間に亡くなる人の数は約140万人で推移していますが、限定承認が行われる件数は年間700件程度にとどまります。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ限定承認する場合の手続きの流れ

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、税理士法人チェスターが運営する「税理士が教える相続税の知識」内の記事を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ