中国、福島原発の処理水放出で「激しい日本バッシング」…そのとき、現地に住む日本人は【現地駐在員が解説】

中国、福島原発の処理水放出で「激しい日本バッシング」…そのとき、現地に住む日本人は【現地駐在員が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

7月29日~8月2日にかけて続いた「北京豪雨」や、9月7日~8日に起こった香港・深センでの冠水など、今年の夏の中国は「水」に翻弄されたといえます。なかでも、8月24日に福島第一原発の処理水が海洋放出されたあと、中国による激しい日本バッシングは国内メディアでも大きく取り上げられました。東洋証券上海駐在員事務所の奥山要一郎所長が、当時の在留邦人の行動やその後の中国の反応についてみていきます。

「水」に翻弄された2023年夏の中国

2023年の夏もさまざまなことが起きた中国。今夏を漢字1文字で表すと、ズバリ「水」だ。水と戦い、水に怒り、水に逃げられ……なんとも忙しい日々だった。

 

7月末~8月に中国北部を襲った「北京豪雨」

7月下旬、スマホ動画で北京市郊外の豪雨・洪水の光景を見て思わず息をのんだ。濁流が街を飲み込み、車や家財が流れていく。房山区では、駐車中のEVバスが何十台も浸水でドボン。紫禁城(故宮)も過去600年で初めて冠水した。

 

お隣の河北省涿州市も広範囲にわたって浸水した。三国志の「桃園結義(桃園の誓い)」の舞台として知られるこの街では、一部の水位が4メートルに達したという。

 

河川増水による洪水を防ぐため、堤防の一部が壊されて水が流入したらしい。遊水地として「首都防衛」の役割を果たしたわけだ。近くには国家プロジェクトで開発中の「雄安新区」もある。

 

9月頭、深セン・香港で大規模な冠水

9月7日から8日にかけては深センや香港で大規模な冠水が報告された。香港では1時間158ミリという1884年以来最大の豪雨となり、ショッピングモールや地下鉄駅には汚泥が流れ込んだ。

 

深センも各地で浸水・冠水が相次いだ。私の知り合いは車を運転中に雨で身動きが取れなくなり、命の危険を感じて急いで脱出。数分後、彼の愛車のテスラは、無情にも屋根まで水没してしまったという。

 

福島原発の処理水放出で起こった「日本バッシング」は意外にも“数日で立ち消え”

水といえば、福島第一原発のALPS処理水放出も大きな話題になった。8月24日の放出後の数日間は激しい日本バッシング。事実に基づかないデマやフェイクの類のショート動画が多数出回り、あたかも事実のように拡散された。

 

なんともやるせない気持ちになったが、在留邦人はこういう時は息をひそめてじっと耐えるほかない。

 

数日後、ネットの話題はいつの間にかバスケW杯での日本チームの活躍ぶり(&中国チームの不甲斐なさ)に移っていた。9月上旬に話を聞いた上海人曰く、「心配する人はいるけど、会社ではもう話題にも上らない」。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

次ページ中国では「投資マネー」の流出が注目される

あなたにオススメのセミナー

    【免責事項等】
    ※本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラムから転載したものです。
    この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
    この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ