(※写真はイメージです/PIXTA)

いまや、離婚は珍しいことではありません。しかし多くの人は、離婚したあとの「相続」まで想定できていないでしょう。そこで本記事では、相続に詳しいAuthense法律事務所の堅田勇気弁護士が、事例とともに離婚が絡む相続について解説します。

【事例】亡き母に前婚の子が…複雑化する相続の話し合い

ご相談までの経緯・背景

本記事でご紹介するのは、母親を亡くしたAさんのケースです。亡くなった母の財産を相続する相続人は、Aさんと、Aさんの父Bさん、Aさんの弟Cさん、そして母の前婚の子であるXさんとYさんも含め、全部で5人でした。

 

相続財産には、預貯金と不動産がありました。唯一の不動産はCさんが長年住居としており、Cさんは今後も住み続けたいと希望しています。

 

Aさんは、弟であるCさんの希望を叶えたうえで、相続人全員が納得して円満に遺産分割を行いたいと考え、当法律事務所へ相談にいらっしゃいました。

 

解決までの流れ

Aさんは、母の前婚の子であるXさんとYさんが、不動産を単独で弟Cさんに相続させることに同意してくれるか心配していました。

 

共同相続人の一人が相続開始前から被相続人の許諾を得て遺産である建物に被相続人と同居してきた場合は、特段の事情のない限り、被相続人死亡時から少なくとも遺産分割終了までの間は、被相続人の地位を承継した他の相続人を貸主、同居相続人を借主とする建物の使用貸借契約が存続するという判例があります。

 

この判例が前提としているのは、当該建物は遺産分割の対象となること、遺産分割協議後、共有建物になった場合には賃料を支払う必要がでてくる可能性があることです。

 

そこで弁護士は、不動産の価格と銀行の金銭債権をあわせた金額の法定相続分の8分の1をXさんとYさんに支払うことによって、不動産を弟Cさんの単独所有にすることを提案しました。

 

結果・解決ポイント

弁護士の提案に、XさんとYさんも同意し、無事に遺産分割協議が成立しました。これにより、Cさんが長年住居としていた不動産はCさんの名義に変更され、この先も住み続けられることとなりました。

 

本記事でご紹介したような相続と離婚がかかわるケースでは、相続人同士の関係が複雑になってしまう場合があります。

 

では、続いては「離婚した元夫とのあいだの子が、その元夫の死後に相続を受けられるのか」という問題を例に、離婚と相続の仕組みについて見ていきましょう。子どもは元夫の財産を相続することができるのでしょうか?

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページ離婚した元夫との子は相続を受けられる?

※プライバシーに配慮し、実際の相談内容と変えている部分があります。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録