(※写真はイメージです/PIXTA)

「一生に一度の買い物だから」を言い訳に、マイホームは予算以上になりがち。経済的に余裕のある人たちであればなおさらです。しかし、余裕だと思っていた住宅ローン返済が、ちょっとした想定外で苦しくなることもまたよくある話。FP1級の川淵ゆかり氏が、あるパワーカップルを例に適切なローンプランを考えていきます。

あなたにオススメのセミナー

    東京の暮らしを豊かにする情報満載のWEBメディア「TOKYO@14区」
    ほかの記事も読む(外部サイトに遷移します)>>>

    貯蓄は後回しの贅沢パワーカップルがタワマン購入

    夫婦ともに高年収の世帯を「パワーカップル」といい、一般的に二人とも年収が700万円以上だったり、世帯年収が1,000万円を超えたりするような夫婦のことを指します。

     

    Aさん夫婦も夫が年収1,000万円、妻が年収500万円、世帯年収が1,500万円のパワーカップルでした。ご主人様は輸入アパレルでの卸売業の営業課長、奥さんはジュエリーメーカーで働くジュエリーデザイナーです。仕事柄、二人ともおしゃれで着るものも食べるものも贅沢です。

     

    「子どももいないから40歳を過ぎてから資産形成に励めばいいのよ」という考えで、貯蓄にはあまり関心がないようなご夫婦でした。

     

    そして、今から4年ほど前、結婚10周年を記念して、二人はマンションを購入することにしたといいます。Aさんが37歳、Aさんの奥さんが35歳の時でした。

     

    二人とも経済的に余裕があり、給料も右肩上がりの時期でしたので、「せっかくだからタワマンを買いましょうよ!」という奥さんの希望で、タワマンを購入することになりました。タワマンは、眺望がいいのはもちろん、共用施設やサービスも充実していて、資産価値も高いため、広い範囲の年代で人気です。

     

    Aさん夫婦はさっそく都内の物件を探し始めましたが、心配事がひとつだけありました。

     

    「貯蓄はそれほどないけど審査は通るかな?」

     

    不安を抱えながら金融機関の担当者に相談したAさん夫婦でしたが、年収に比べて貯蓄は少なくてもローン等の借金はない夫婦でしたので、担当者は「1億2,000万円までお貸しできますよ」との回答にAさん夫婦はすっかり気を良くしたといいます。そのため、借入額を1億円とし、最上階ではないものの当初考えていた部屋よりもグレードの高い部屋を購入することを決めました。

     

    「私たちの人生、絶好調じゃない?」

     

    【Aさん夫婦のローンプラン】

    ●住宅ローン借入額:1億円

    ●返済期:35年

    ●変動金利型1%(団体信用保険料込み)

    ●ボーナス返済無し

    ●毎月返済額:282,285円

     

    返済額は現在の家賃の約2倍に跳ね上がってしまいましたが、「まぁ、なんとかなるんじゃないの?」と楽観的に決めたといいます。

     

    注目のセミナー情報

    【海外不動産】6月27日(木)開催
    「家賃収益×全額返金」保証付き
    安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

     

    【国内不動産】7月4日(木)開催
    【高利回りが続く物件の条件を徹底解説】
    1都3県・駅チカ物件で利回り7%超を実現!
    フルローン×新築アパート投資の全貌

    次ページ節約が必要と分かりつつ…生活費が節約できない

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録