「関西エリア」の賃貸需要が堅調といえる理由

前回は、不動産の投資対象としての「関西エリア」の特徴について説明しました。今回は、「関西エリア」の賃貸需要が堅調といえる理由を見ていきます。

不動産市況の盛り上がりを示す根拠とは?

前回の続きです。関西エリアは首都圏同様、個人の住宅取得意欲も堅調です。

 

不動産経済研究所によると、関西圏における平成25年度の新規発売戸数は2万4684戸で、対前年比6.1%の増加。地域別の発売戸数は大阪市部8676戸(全体比34.7%)、大阪府下6345戸(同25.7%)、神戸市部2993戸(同12.1%)、京都市部2153戸(同8.7%)などとなっています。

 

また公益財団法人近畿圏不動産流通機構によると、関西圏における平成26年1〜3月の中古マンション成約件数は4596件(前年同期比4%増)で、平成21年4〜6月期以降20四半期連続で増加しています。

 

さらに平成25年度の関西圏新築マンション価格は1戸あたり平均価格3496万円で前年比1.7%アップ(不動産経済研究所)、中古マンションの平均成約価格は1810万円で前年比プラス5%(近畿圏不動産流通機構)と、首都圏同様に価格も上昇傾向にあります。

 

物件価格の上昇は投資効率の低下につながるものの、不動産市況の盛り上がりを示す根拠にはなります。このように関西エリアは「人口」「経済」「不動産市況」でそれぞれ高いポテンシャルを持ち、その結果として賃貸需要も底堅い状況が続いています。

 

[PR]4月18日(土)無料セミナー開催@幻冬舎
【本記事著者の藤原氏が教える『2020年税金対策の最新版』】
「節税×キャッシュフロー最大化」を実現する築古1棟アパート投資戦略

「供給過多」の札幌や福岡と比べると・・・

加えて一部エリアを除き、札幌や福岡のように供給過多の状況には至っていません。地方の優位性をさまざまな角度から検証してみると、関西エリアに軍配が上がると考えます。

 

地方の中で関西が最も狙い目の投資エリアであると考える理由は、私自身の経験も裏づけとなっています。私が大阪に住んでいることもありますが、利回りの優位性、マーケット規模、金融機関の多さなどから、関西の物件を中心に投資し、一定の成果を出せるようになったからです。

 

その後、独立のため修業をするなかで、不動産投資の専門知識とスキルを身につけ、私自身が投資成果を上げることができた関西の地で創業するに至りました。個人の不動産投資家として、また事業家として関西の収益物件を保有し、実際に運用したりお客様に販売したりするなか、確実に成果を上げ続けてきました。

 

そういったことから、関西エリアへの投資をおすすめしています。

 

[PR]4月18日(土)無料セミナー開催@幻冬舎
【本記事著者の藤原氏が教える『2020年税金対策の最新版』】
「節税×キャッシュフロー最大化」を実現する築古1棟アパート投資戦略

大和財託株式会社 代表

昭和55年生まれ。三井不動産レジデンシャル株式会社を経て、収益不動産に特化した事業を展開する武蔵コーポレーション株式会社で収益不動産の売買仲介および賃貸管理業務についての実務経験を積む。
平成25年に独立して大阪市内に大和財託株式会社を設立。
収益不動産を通じて、購入から運用・売却まで一貫した資産形成をサポートしている。
特に、物件情報をすべて数値化し、資金調達、物件購入、管理運用から売却までを視野に入れた収支シミュレーションに定評がある。
管理物件の平均入居率は98パーセントを誇る。

著者紹介

連載一棟から始める「着実な不動産投資」の成功事例

本連載は、2014年11月4日刊行の書籍『はじめての不動産投資 成功の法則』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

はじめての不動産投資成功の法則

はじめての不動産投資成功の法則

藤原 正明

幻冬舎メディアコンサルティング

東京五輪による地価上昇の影響もあり、注目を集めている不動産投資。 しかし、実際に投資をはじめようとしてもはじめての人には分からないことだらけでなかなか手が出ない、ローリスクと聞いて始めてみたけれど、成功というに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧