日経平均「3万円台回復」が期待されるも…「コロナ特需」の反動に懸念拭えず【ストラテジストが解説】

日経平均「3万円台回復」が期待されるも…「コロナ特需」の反動に懸念拭えず【ストラテジストが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、マネックス証券株式会社が2023年5月12日に公開したレポートを転載したものです。

本記事のポイント

・相場の地合いは良好、外国人の買い越しは継続し企業の株主還元策も好材料

・予想PERの上昇で割安感の後退が上値抑制要因に

・市況産業の大幅減益によるEPS低下より、主力産業の業績回復に期待

5月にも日経平均「3万円回復」見込めるか

今日の東京株式市場で日経平均は続伸し、前日比261円高の2万9,388円で終えた。年初来高値を更新し、2021年11月下旬以来、約1年半ぶりの高値を付けた。前回のレポート「日本株の強さ」で指摘したとおり、相場の地合いがよくなっている。背景にはほぼ出そろった決算発表の内容が悪くなかったこと、外国人の買いが継続していることなどがある。

 

東証が発表した5月第1週の投資部門別売買動向によると、海外投資家は現物株を1602億円買い越した。買い越しは6週連続で、その累計額は2兆3,183億円に達している。今週の堅調相場から察するに、外国人の買い越しは7週連続となったことは想像に難くない。

 

さらにいえば、欧米では依然として金融引き締めの状況が続く一方、日銀は金融緩和を少なくとも向こう1年以上は続ける見通しであることや東証の資本効率改善要請を受けた企業が自社株買いなど株主還元策を強化していることなどが日本株相場の根底を支えている。

 

ここまで来れば、日経平均3万円は指呼の間だ。実際、あと2%上昇すれば届く。この勢いなら2、3営業日もあれば届きそうである。来週にも日経平均3万円の大台回復が見られるかもしれない。ちょうど3ヵ月前に「5月に3万円」というレポートを書いた。自分の読みどおりの展開だから違和感はないのだが……。

 

しかし、正直にいえば、「3万円」の「中身」が違う。僕の予想は企業業績が回復してEPSが向上し、バリュエーションの切り上がりがないままでも自然体で3万円に届くだろうというものだった。

 

確かに、企業業績は悪くない。しかし、決算がほぼ出そろって、今期の予想EPSが切れ下がってしまったという点は予想に反する。それほど問題にしなくてもよいかもしれない(この点は後述する)が、事実は事実、数字は数字である。

 

出所:Quickデータより筆者作成
[図表1]予想EPS 出所:Quickデータより筆者作成

 

この結果、日経平均の予想PERは14倍台半ばに上昇した。

 

出所:Quickデータより筆者作成
[図表2]予想PER 出所:Quickデータより筆者作成

 

これは過去1年間の予想PERの平均12.8倍と比べて、いかにも割高に見える。ここまで日本株が買われてきた背景のひとつに、「日本株の割安さ」があった。 予想PERの上昇で、その割安感が薄らいだことは上値の抑制要因になるだろう。

 

決算発表も一巡し、業績絡みの材料も出尽くすタイミングだ。3万円の大台を前にして、ここからは利益確定売りも増えてくるだろう。仮に3万円をつけたとしても、一気に上値追いというよりは、目標達成感からの売りが優勢になるかもしれない。

 

次ページ”コロナ禍特需”終焉…海運・商社の利益低下へ

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ