「話し合いが長引くだけで、破談リスク49%増加」の現実も…AIの台頭に期待する、M&A業界の〈加速度的〉生産性向上

「話し合いが長引くだけで、破談リスク49%増加」の現実も…AIの台頭に期待する、M&A業界の〈加速度的〉生産性向上
(※写真はイメージです/PIXTA)

コロナ禍をきっかけに、世界中のビジネス環境において、DXは急速な普及を見せました。近年話題のAIもまた同様です。M&Aのように、慎重な交渉と並行して、大量の情報を評価・処理するような負荷の大きい作業が必要な場合、これらのテクノロジーは非常に有益だといえます。※本記事は、Datasite日本責任者・清水洋一郎氏の書き下ろしです。

ビジネスにおける「DXの加速と採用」の重要性

コロナウイルスの感染拡大による必要性から生まれたDX(デジタルトランスフォーメーション)の加速と採用は、ビジネスの強靭性を確保するために必要なものであり、今後も続くものです。

 

多くの企業は、経済や地政学的リスクよりも、今年対処しなければならない最も重要なトレンドであり、タスクを自動化して効率を改善し、データをつなぎ合わせて分析するために人工知能(AI)を取得または投資することを計画する企業が増えています。

 

これにより、コストを削減しながら企業を成功に導き、競争力を高めることができます。

DXの普及が、M&Aの管理プロセスを変革・加速する

M&Aを含め、AIの影響を受けない産業はありません。どのようにディールメーカーがDXを採用して必要な時にディールに備えているのでしょうか?

 

新しいテクノロジーは、繰り返しのタスクを自動化し、データ分析を支援し、パイプライン管理、アウトリーチ、準備、デューデリジェンスなど、ディールのすべてのフェーズでプロセスを簡素化することによって、M&Aの管理プロセスを変革し、加速しています。

投資銀行アナリストが数カ月要する分析も、AIなら…

AIの能力は、大量のデータとコンテンツを整理して意思決定に役立てる場合には、他に類を見ないものです。AIエンジンは、数千のファイルがディールメーカーに対してレビューのために必要な場合に、数週間かかる代わりに数分で、そのデータを再定義することができます。投資銀行アナリストが数週間にわたって分析、整理、分類する必要のある数千のドキュメントを、今ではAIが動力源となるツールを使用して、デジタルのM&Aドキュメントやアーティファクトが安全に保管されている仮想データルームで数秒で処理することができます。これにより、人為的ミスを同時に低減し、規制の遵守をより確実にします。

 

デューデリジェンスが長引くと、ディールが破談になるリスクが49%ほど増加します。また、デューデリジェンスの費用が週に約10万ドルに上る場合、遅延があればすぐにコストが膨れ上がることになります。

少ないリソースでより多くを達成する

厳しい市場情勢によって仕事量が増加し、ディールメーカーたちは前例のないプレッシャーにさらされています。現在の「いつでもどこでも」の環境では、彼らは常に限られた時間内に、より多くの仕事をこなさなければなりません。ここでも、テクノロジーが役立つことがあります。

 

スプレッドシートやメールなどの古いツールで管理されている場合、バージョン管理の問題やメッセージの見落としが発生する可能性があります。しかし、現在では、パイプラインツールがあり、ディールメーカーがさまざまな入力やデータセットを視覚化し、比較し、評価するのを支援することができます。

 

近年、市場が不安定化し、M&Aに携わる人々は前例のないプレッシャーに晒されています。そんな中、取引先の比較や進捗状況の追跡、書類の管理、コミュニケーションの改善などを一つのプラットフォーム上でおこなうことができるパイプラインツールが登場し、取引リスクや機会損失を減らすことができるようになりました。パイプライン管理に特化したツールを用いることで、数クリックで生データを消費可能な情報に変え、意思決定に役立てることができます。

 

現在、多くの取引チームが同時に買収や売却をおこなっていますが、一つのプラットフォームに無理なく接続されたアプリケーションを使えば、取引タイプやフェーズに関係なく、全ての取引を同時に管理することができます。ソーシングからインテグレーションまでを網羅し、次の機会を迅速かつ簡単に見つけ、デューデリジェンスを進め、取引を成立させ、今後の取引に必要なデータを確保することができます。

健全なパイプラインを確保

ディールメーカーにとって、ボルトオン型かタックイン型の買収戦略は最も人気のある選択肢です。しかし、健康的なパイプラインを維持するには、各買収に対して厳格な投資テーゼを追跡し、市場シェアを構築するための買収や隣接市場への参入を優先する必要があります。

 

繰り返し可能なディールのプレイブックを作成することで、パイプラインを健全に保つことができます。また、専用のアプリケーションを使用することで、ディールパイプラインの管理プロセスをより効率的かつ効果的にすることができます。

ディールレディな戦略で、新しいM&Aトレンドに対応

第四次産業革命が進展する中、成功したM&Aディールメーカーは、ビジネス環境がますます複雑化し、予測不能になっていることを理解しています。ディールメーカーにとって、あらゆる段階で取引を管理するための1つのプラットフォームを持つことは、コストを効果的に管理し、コンプライアンスリスクを低減し、生産性を向上させるための柔軟性を提供します。

 

トレンドを予測し、素早く適応する能力が成功への鍵となります。技術革新、プロセス改善、データ駆動型の洞察力が、成功したディールメイキングのカギを握っています。

 

 

清水 洋一郎
Datasite 日本責任者

 

【2/28(水)無料Webセミナー】

CPA700%良化を実現!
PRと運用型広告を組み合わせたハイパフォーマンス認知とは

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ