香港はコロナ陽性者の隔離義務の撤廃を発表。米国のリセッション入りへの警戒から株価は下押し。香港ハンセン指数も反落

香港はコロナ陽性者の隔離義務の撤廃を発表。米国のリセッション入りへの警戒から株価は下押し。香港ハンセン指数も反落
(画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数21,650.98 pt (▲0.12%)
中国本土株指数7,312.76 pt (▲0.38%)
レッドチップ指数3,991.98 pt (+0.61%)

売買代金926億0百万HK$(前日1,278億3百万HK$)

米生産者物価指数は大幅に低下

18日、12月の米国生産者物価指数(PPI)が発表されたが、パンデミックが始まって以来の大幅低下を示したことで、米連邦準備理事会(FRB)が2022年を通じて実施してきた大幅な利上げが転換点を迎えるとの観測が強まった。

 

12月の小売売上高は前月比では2ヵ月連続減少となり、年末商戦の最中に、個人消費が弱まったことで、経済状況の悪化への懸念が強まった。

 

インフレ高進のピークアウトとリセッション入りが重なれば、米FRBも利上げペースを減速するとのシナリオへの期待は強まる。

 

一方で、米国雇用市場の堅調さは、賃金への上昇圧力も示している。サービス業での価格上昇や賃金上昇は、根深いインフレの要因となりうるため、FRBがタカ派姿勢をどこまで貫くか判断を難しくする。

香港ハンセン指数は反

19日の香港市場は、米株安の流れを引き継ぎハンセン指数が朝方に、前日比1.3%強安と安く寄り付いた。前述の米国で発表された経済指標がそろって市場予想を下回り、景気後退に対する警戒が強まった。その後はマイナス圏を縮め、一時はプラス圏に戻す場面もみられたが、同指数は前日比0.12%安と小幅に反落した。

 

香港政府が新型コロナウイルスに対する最後の大きな規制の一つを撤廃することもマーケットを支えた。

 

香港は今月30日から陽性者の隔離義務を撤廃すると発表した。いよいよ残るは屋外のマスク着用義務だけとなり、正常化に向けた動きが着々と進む。中国本土をはじめ、経済再開に対する期待が高まり、23年以降の本格的な回復に期待がかかる。

 

ハイテク株で構成されるハンセンテック指数は前日比1.65%安と低下。ITネット株が総じて軟調となり、動画投稿の快手(1024)は6.0%安、高性能データセンター開発の万国数拠(9698)は3.7%安、動画配信のビリビリ(9626)は3.1%安、オンラインゲームの網易(9999)は3.0%安と反落した。

 

オンライン医療銘柄も下げに転じ、阿里健康(0241)は2.9%安、平安健康(1833)は2.0%安、京東健康(6618)は1.5%安と下げた。

 

一方、前日大幅安となった不動産関連株が反発し、不動産株で構成されるハンセン不動産指数は前日比3.19%高と反発した。動産サービスの碧桂園服務(6098)は6.6%高、不動産開発の碧桂園(2007)は4.9%高、龍湖集団(0960)は3.5%高だった。

 

中国本土株市場は、中国経済の持ち直し期待から小高く、上海総合指数は前日比0.49%高の3,240.28、CSI300は同0.62%高の4,156.01で引けた。中国人民銀行はリバースレポを通じて3日連続で大量に市中供給をするなど、来週の大型連休を控えて資金を供給した。

 

長谷川 建一

Wells Global Asset Management Limited, CEO/国際金融ストラテジスト<在香港>

 

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ