安定した生活を望むと「お金持ちになれない」理由

前回は、「富女子」になればどんな自由が手に入るのかを紹介しました。今回は、「安定した生活」を望んでいてはお金持ちになれない理由を見ていきます。

リスクを避けていては「自由」は手に入らない

多くの人は、心では「自由」を欲しています。しかし、実際に選び取ろうとする人は少ないでしょう。自由にはリスクが伴うからです。むしろリスクを避けようとして、安全・安定に走る――特に女性はその傾向が強いようです。

 

けれど、それではいつまで経っても自由を勝ちとれません。少し厳しい言い方をすれば、安全・安定を求めている限り、富女子になるのは難しいということです。

 

最近話したある女性は、次のように語っていました。

 

「結婚するなら、開業しているお医者さんか公務員がいい。だって、生活が安定しそうだから」

 

この発言に対して、多くの女性は「私もそう思う」とうなずくかもしれません。しかし、私は首をかしげます。医師や公務員と結婚すれば、本当に安定した生活が送れるのでしょうか?

 

たとえば、「医師」という職業は一見、安定しているように思えます。勤務医より開業医のほうが収入もよさそうです。けれど、医師でも急に重い病気にかかることもあります。そうなれば患者さんの診察はできなくなりますから、医院を続けることはすぐに困難になります。

 

また、公務員と結婚しても、給料が下がる場合もあります。公務員の給与削減がしばしば話題になっているように、一生安定とはいえません。これは大企業に勤めていても同じです。いつ会社が倒産するか誰にもわかりません。

 

そして、そもそも離婚のリスクは非常に高いといえます。厚生労働省が2015年1月1日に発表した「人口動態統計の年間推計」によると、約3組に1組は離婚しているという事実もあるのです。

100%の安全や安定はこの世に存在しない

結局のところ、この世界に100%の安全や安定などありえません。どちらも架空のユートピアなのです。しかも、安全・安定を求めようとすると、自由さがなくなります。たとえば、公務員や会社員は自分の時間を会社に拘束されるという点で、不自由といえます。

 

「安全・安定といわれる場所には、実際には100%の安全や安定はない(=リスクはある)。しかも、自由もない」のです。

 

何か選択を迫られたときに、安全かどうかで決めるのは意味のないことです。「安全第一」は、今すぐに思考パターンから外すようにしましょう。安心・安全の反対語は「危険」です。しかし自由というのは、実は危険の中にこそあるのです。

 

つまり、「どんなところにもリスクはある」ということです。だとすれば、自由を選んだほうが人生は格段に楽しくなります。それは私が日々つくづく実感していることです。

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

連載5年で1000万円貯金――「富女子」になるための貯蓄術

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧