「富女子」を目指すならお勧めできない20代での転職

前回は、安定した生活を望むと「お金持ちになれない」というお話をしました。今回は、20代での転職がお勧めできない理由を見ていきます。

勤続年数が長いほど「借りる力」が高くなる

ここで、あなたが富女子になるために身につけておくべき「仕事観」についてお話ししておきましょう。

 

基本的に20代の女性がやってはいけないことがあります。それは転職です。正社員として働きはじめて1、2年であれば、なおさらです。

 

理由は「銀行のローンが組めなくなるから」です。家を買う、不動産投資をする、起業する……富女子になるために、将来、銀行のローンを組みやすくしておくことはとても重要なのです。

 

一つの会社に長く勤めるべき理由は、お金を貯めるためではなく、社会的信用を築いて「借りる力」を身につけるためです。富女子を目指すうえで社会的信用を得ることこそとても重要なのです。

 

では、なぜ転職するとローンが組めなくなるのでしょうか。銀行はお金を貸した以上は返してもらいたいわけですから、ローンの審査では、収入が安定しているかどうかを見ます。安定性を見る指標のひとつが、「勤続年数」です。

 

私もクレジット会社を経営していますのでよくわかりますが、勤続年数は厳しくチェックします。「3年以上の勤続年数があること」が一般的な審査基準ですが、金融機関によっては「1年以上でも貸しますよ」と言ってくれるところもあるかもしれません。

 

しかし、実際に借りている人を見ていると、5年は同じところに勤めていたほうが、審査はぐっと通りやすくなっているように感じます。

「転職」はメリットよりもデメリットのほうが大きい!?

よくキャリアアップのために転職すると聞きますが、富女子を目指すのであれば、たとえば、生命保険会社から銀行に転職しても大きくは変わらないと思います。真のキャリアアップは、会社員から独立すること。成功すれば、人生は大きく変わるからです。

 

今の日本社会における転職は、キャリアアップというメリットよりも、社会的な信用力を落とすというデメリットのほうが大きいと考えておきましょう。

 

富女子になりたいのであれば、目的もなしに辞めないことです。一つの会社で働いて計画的にお金を貯めて、そのうえで次の人生を考えましょう。

 

私が運営しているセミナー受講生のなかにも「会社を辞めたい」と相談にやってくる人もいます。「上司とそりが合わないから」「仕事の内容がつまらないから」など理由はさまざまですが、そのたびに私は次のように言います。

 

「1000万円貯めるんでしょう? 富女子になりたいんだよね。だったら、社会的信用をつけることが第一。やりがいを見つけたり、楽しむために働いているのではなく、信用力を身につけるために働いていると考えてはどう?」

 

あなたも1000万円貯めるまでは、今の会社にしがみつく気持ちでがんばってください。その先には、何もかも選び取れる「自由」が待っているのですから。

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

連載5年で1000万円貯金――「富女子」になるための貯蓄術

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧