(※写真はイメージです/PIXTA)

不動産投資で人気があるマンション投資は、部屋単位で購入する区分所有と、マンションやアパートを1棟丸ごと購入する一棟買いに分けられます。それぞれにメリットがあり、資金調達から運用の際のリスクなどに違いがありますので、違いを押さえておきましょう。

区分マンションは低予算で投資が始められる

マンションなどを1室(1戸)単位で購入する投資を「区分マンション投資」といいます。部屋のタイプには、ワンルームやファミリー向けなどさまざまあり、価格帯についても、数百万円で購入できる郊外や地方の中古物件から数千万円の都市部の物件など幅広いため、投資の予算やリターンに合わせて選択することができます。

 

間取りで見てみると、ワンルームなど小さめの物件は単身者の入居を狙うもので、比較的低予算で購入できるのがメリットです。特に近年は晩婚傾向ですから、都市部や繁華街へのアクセスが良い物件は一定の需要が見込めます。

 

一方、ファミリー向けの広い物件はワンルームなどと比べて価格帯が高くなります。結婚などを機に退去する単身者層と比べファミリー層は長く住む傾向があり、空室リスクを抑えられるという点で家賃収入が安定しやすいのがメリットです。

地域、物件タイプを変えてリスクを分散

後述する1棟買いの投資と比較すると、区分マンション投資は、2室目、3室目と物件を増やしていく際に分散投資できるのが特徴。例えば、都市部と郊外、都心と地方といった場所を分けることができ、ワンルームとファミリータイプを持つことによって両方の賃貸需要にアプローチすることができます。

 

また、家賃収入を目的とするマンション投資は物件を長く持つことが前提です。所有期間の長さに応じて物件は傷みますし、地域の人口や環境が変わったり、自然災害などによって物件の補修や改修が必要になる可能性もあります。改修などが必要になった際、1棟買いの場合はまとまったお金が必要になります。その点、区分マンションは個々に対応するため、手持ちの資金が大きく減るリスクを抑えることができます。

 

デメリットとしては、区分マンションは建物の中の一部分を所有しますので、建物そのものや設備などについては自分の自由にできない点が挙げられます。部屋の中のリノベーションなどはできます。しかし、エントランスや駐車場の改修などは他の区分所有者との話し合いで決める必要があります。

 

また、エントランスや駐車場など共有部分の管理などはマンションの管理会社に任せることができ、その点では手間がかからないというメリットがありますが、管理会社の仕事に不満があり、変更したいと思った場合も、自分の裁量では変更できないことを押さえておく必要があります。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

次ページ1棟ものは収益性が高く、空室リスクも抑えやすい

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、J Sync株式会社が運営する『OWNERS.COM』(https://cf-owners.com/)のコラムを転載したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ