フィリピン不動産開発大手「ニセコ進出」世界的チェーンへの第一歩【比・主要企業のグルーバル展開】

12月19日週「最新・フィリピン」ニュース

フィリピン不動産開発大手「ニセコ進出」世界的チェーンへの第一歩【比・主要企業のグルーバル展開】
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏による、最新のフィリピンレポート。今週はフィリピン主要企業のグローバル市場における動きをみていきます。

健康インフラ拡大の動き

【6/1(土)開催】
従来の分散投資で資産を守れるのか?新時代の富裕層が実践する
金融大国「シンガポール」や「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

 

ロペス財閥、米ヘルスケア企業買収

発電、インフラ、製造、不動産開発で事業展開するフィリピンのロペス財閥が米ヘルスケア企業を買収しました。LOPEZ財閥の中核会社First Philippine Holdings(FPH)は、ヘルスケア業界での事業拡大計画の一環として、米Medical Services of America()MSAの現地子会社を買収する契約を締結しました。

 

FPHは現在、Asian EyeInstituteとPhilippine ImpactHealthという2つの健康関連事業を展開しています。MSAは、1973年に米国で包括的なヘルスケアサービスプロバイダーとしてスタートし、5年後に、フィリピンで4つの提携病院のサービス会社としてスタートしました。現在、MSA-Philippinesは、200人の従業員とフィリピン全土の50以上の提携病院および診療所にサービスを提供しています。

脆弱なフィリピンの電力事情へのアプローチ

【6/1(土)開催】
従来の分散投資で資産を守れるのか?新時代の富裕層が実践する
金融大国「シンガポール」や「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

 

電力大手マニラ・エレクトリック、原子力発電実現へ一歩

フィリピンの電力大手マニラ・エレクトリック(メラルコ)は、小型原子力発電の実現可能性調査を行うために、USTDA(米国貿易開発庁)へ助成金を申請しました。

 

マルコス大統領は、就任時に、エネルギー安全保障のために国のエネルギーミックスに原子力を含めることを検討する旨発表し、フィリピンのエネルギー供給問題に対処する信頼できる安定したエネルギー源として、原子力を採用することを検討しています。

 

フィリピンでは、慢性的に電力不足が発生します。最近でも、電力会社・ナショナルグリッドコーポレーションは、ルソン島とビサヤ諸島の送電網に電力不足のアラートを発令しました。国内最大の電力会社であるメラルコにとって、通常、乾季には電力需要が急増するため、代替エネルギー源を探すことが重要になっています。

 

2023年の電力供給はまだ逼迫しているため、メラルコは、乾季に予想される需要をカバーするために、2つの緊急電力供給契約を確保しようとしています。

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

■47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

 

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録