(※写真はイメージです/PIXTA)

問いを考えていくと、「それって実はこういう問いだったんじゃないか?」と考えることができる場合があります。1つの問いで終わってしまうよりも複数の問いを移動していく方が答えを導きやすいくなります。現役の東大生の永田耕作氏が著書『東大生の考え型 「まとまらない考え」に道筋が見える』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

問いをリニューアルして解決方法を見つける

▶理解力/新しい問いフォーマット

問いを考えていくと、「それって実はこういう問いだったんじゃないか?」と考えることができる場合があります。

 

例えば、「なぜ若者はSNSにのめり込むようになったのか?」という問いを考えていたら、いろいろ分解して考えていった先で「なぜ若者の人間関係はオフラインからオンラインの方に移行しているのか?」という問いだったと気づく、なんてこともあるのです。

 

SNSのことを考えたらわからないけれど、人間関係の話だったら考えやすいかもしれません。

 

またその逆の場合もあるでしょう。

 

1つの問いで終わってしまうよりも複数の問いを移動していく方が答えを導きやすいわけです。そして、頭の良い人は、問いから問いに移動するのが上手いから、問題解決が上手いのです。

 

出典)永田耕作著『東大生の考え型 「まとまらない考え」に道筋が見える』(日本能率協会マネジメントセンター)より。
出典)永田耕作著『東大生の考え型 「まとまらない考え」に道筋が見える』(日本能率協会マネジメントセンター)より。

 

■使い方

 

Step①問いを書き、分解する
Step②分解した先で、その分解したものをくっつけたり深掘りしたりして、新しい問いを作る(はじめの問いの答えを探す上で必要な質問を新しい問いとして置く)
Step③その答えを探しつつ、元の問いの答えを探す

 

■考え型の基本

 

1つの問いを深掘りしてもいいし、分解した問いをつなげてもいいと思います。例えば「2010年代にディズニーランドの観光客が増えたのはなぜか」という問いがあったときに、観光客を分解して考えた結果、中国や台湾の観光客が多いことがわかったとします。

 

ここでただ「なぜ、中国や台湾の観光客がディズニーランドに多いのか?」と考えてもいいのですが、これを「2010年代」とつなげて「2010年代になぜ、中国や台湾の観光客が増えたのか?」という問いに形を変えてもいいと思います。

 

問いに答えはありますが、問いの作り方に答えはありません。いろいろな質問があっていいですし、いろいろなアプローチがあっていいと思います。

 

何度も言いますが、頭の良い人は問いから問いへの移動が上手です。要するにいろいろな問いを考えることができるわけです。みなさんも、いろいろな新しい問いを作って、質問に対する回答を考えていきましょう。

 

■深掘りするなら…?

 

身の回りの些細なことでも問いにするようにしましょう。「なぜ、カボチャはニュージーランドから輸入されているのか」「牛乳はなぜ、北海道じゃなくて都心の近くで作られている場合が多いのか」とか……。実はこういう身の回りの問いというのが、東大の入試問題で出題されています。

 

いろいろな問いを考えることによって思考が整理されていく、これぞまさに東大流だということですね

 

■ココがポイント![新しい問いを作る]

 

今までのものと組み合わせて、次の問いに移動していくイメージです。

 

「そもそもどうしてこうなんだろう?」と深掘りしたり、あるいは「他のところではどうなんだろう?」と比較したりと、いろいろな新しい問いが考えられます。そしてそれを繰り返していくことで、必ず問いに答えが見えてきます。しっかりと違う問いを考えるイメージを持ってください。

 

次ページ問いを分解すると理解を深めるられる

あなたにオススメのセミナー

    本連載は永田耕作氏の著書『東大生の考え型 「まとまらない考え」に道筋が見える』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    東大生の考え型「まとまらない考え」に道筋が見える

    東大生の考え型「まとまらない考え」に道筋が見える

    永田 耕作

    日本能率協会マネジメントセンター

    変化の激しい時代において、ただ目の前にあることを受け入れるだけではなく、自分で思考するということが、ますます重要になってきます。しかし、「考えようとしても途中で頓挫してしまう」、「考えたけれどその答えに自信が持…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ