2022年第3四半期、好決算続々…注目すべき「フィリピン・食品メーカー」3選

11月14日週「最新・フィリピン」ニュース

2022年第3四半期、好決算続々…注目すべき「フィリピン・食品メーカー」3選
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏による、最新のフィリピンレポート。今週は、好調な2022年第3四半期決算が続々と発表されていますが、そのなかから、フィリピン人の生活に密着する食品分野の企業業績についてみていきます。

調味料メーカー、DNL…2022年度予想利益79%達成

【3/2(土)開催】
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

 

食品調味料メーカーで、その他化学品も生産するD&N社(DNL)の第3四半期(3Q)の純利益は9.1億ペソで、前年同期比18%増益となりました。2022年9か月間累計の純利益は25億ペソで、前年同期比17%増益となり、過去最高益を達成しました。景気回復と輸出の堅調な伸びが主な要因です。

 

同社は、2022年度のアナリストのコンセンサス予想利益の79%をすでに達成しており、2022年1年間の当期純利益は、過去最高を記録した2018年を上回る勢いです。一方で、食品メーカーと同様に、コモディティー商品の粗利益率は依然として厳しい状況が続いており、2022年9月期の粗利率は前年同期比340bps減の13%となりました。

 

しかし、外食や旅行などのフィリピンのホスピタリティセクターの回復が鮮明になってきたと共に、輸出が好調を維持しているため、同社の利益率の高い自社ブランド商品の売上が堅調に伸びると見られています。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ