「メールは出したのですが返事が来ません」と言う部下には「厳しく指摘せざるを得ない」ワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

JFA国際部コンサルタント、松永隆氏の著書『ビジネスパーソンのための超実践的交渉術 ⽇本⼈の交渉のやり⽅』より一部を抜粋・再編集し、海外とのビジネス交渉に用いるべき「SNS」について解説していきます。

ビジネス交渉「コミュニケーションツールの使い分け」

現在のようにコミュニケーションツールが発達すると、どのツールを使って交渉の場を設定するのかが重要なファクターになってきます。直接会って交渉する場合(対面)は、相手の表情、目の動き、息遣い、言葉のトーンなどを目の当たりにしながら話ができますので、当たり前ですが最も情報量が多く交渉の場の設定の王道と言えなくもありません。

 

従来はその他の手段として電話、メール、SNSなどを活用して来ましたが、コロナ禍により急速にWEB会議が普及しました。

 

さて、以前より部下がいろいろな交渉を行うのを観察していて、必ずしも的確なツールを選択していないことに気づき、その場でアドバイスしてきました。決して軽視してはならないファクターなのです。

SNSについて

数年前より注目し始めたのはWhatsApp、LINEなどのSNSです。アジアの国々全体で言えば圧倒的にWhatsAppを使う人が多いのです。

 

さてこのSNSによるコミュニケーションの利点はアクセススピードです。ご存じのようにメッセージが届けばスマホで音が鳴る、あるいはメッセージがポップアップするように設定しているビジネスパーソンが多いのです。

 

数年前より顕著なのはメールを送信しても数日間見てくれない相手がWhatsAppだと数分、早い人だと数秒で返信してくれることです。急いでいる時は電話をかけるか、WhatsAppかということになりますが、電話は相手が会議中、来客中だと失礼になることもあるので、簡単な要件であればWhatsAppでアクセスすることが圧倒的に多くなっています。

 

最近はドキュメント、画像も貼り付けられるのでどんどん用途が広がっています。会議中の相手でも「今会議中、後で電話するね」と返信してくれるので助かります。数千キロ離れた相手でも数分内に読んでもらえる安心感は何事にも代え難いと思います。

 

但し、あまり込み入った話はできないのと、メッセージはなるべく短めにしなければなりません。

 

このSNSによるビジネスのやり取りが普及したことによって、対海外ではメールの使用率がかなり減ったというのが実感です。中にはSNSは四六時中チェックしているが、Eメールは数日間見ていない人も結構増えてきています。

 

未だに「メールは出したのですがまだ返事が来ません」と言っている部下には「なんでWhatsAppにしないの?」「早く電話したら?」と厳しく指摘せざるを得ません。交渉の臨場感から得られる情報という意味ではSNSは期待薄ですが、利便性の方は日々向上しています。

 

特にSNSの圧倒的な優位性はスピードにあります。軽めの交渉はSNSでぱっとすませてしまうのがあるべき姿だと思います。

あなたにオススメのセミナー

    日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
    掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

    ※本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『ビジネスパーソンのための超実践的交渉術 ⽇本⼈の交渉のやり⽅』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ