「生きる希望が持てない…」20年間、病院とコンビニと家だけ。「介護だけの人生」だった55歳女性の決意 (画像はイメージです/PIXTA)

予期せぬ別れに直面したとき、人は何を思い、どう乗り越えるのか。書籍『もう会えないとわかっていたなら』(扶桑社)では、遺品整理会社、行政書士、相続診断士、税理士など、現場の第一線で活躍する専門家たちから、実際に大切な家族を失った人の印象深いエピソードを集め、「円満な相続」を迎えるために何ができるのかについて紹介されています。本連載では、その中から特に印象的な話を一部抜粋してご紹介します。

 

両親の遺品整理ができず引きこもっている「順子さん」

これは二人の「じゅん子さん」のお話です。

 

それはまだ、僕が遺品整理業を始めたばかりの頃のことでした。付き合いのある不動産会社から電話があり、「遺品整理ができずに困っている人がいる」というので、話を聞きに行きました。

 

その不動産会社で紹介されたのが、保険会社に勤める純子さんです。純子さんには小学生の頃から仲のよい順子さんという幼馴染みがいて、もう五〇年近くの付き合いになると言っていました。

 

その幼馴染みの順子さんが、ご両親が亡くなった後も遺品整理ができず、引きこもりのような生活をしており、まるで廃人のようになっているというのです。

 

順子さんに元気を取り戻してほしいと思った純子さんは、遺品整理がそのきっかけになるのではないかと思ったというのです。どこまでお役に立てるかはわからないけれど、話だけでも聞いてみようと、僕は純子さんと一緒に順子さんの家へ向かいました。

 

到着した順子さんの家はいたって普通の外観をしていました。庭も荒れているわけではなく、外から見える障子や網戸なども破れてはいません。

 

「今日はお任せするので、順子ちゃんをお願いします」

 

純子さんはこれまで、何度もここを訪れ、順子さんに話しかけ、話を聞き、寄り添ってきたのだといいます。それでも、順子さんを立ち直らせることはできませんでした。

 

玄関に入って驚きました。家の中は半分、ゴミ屋敷状態だったのです。歩く場所やドアの開閉に必要な場所以外は、片付けられていないもので埋もれているのです。純子さんに連れられて入ったリビングも同じ状態でした。暗く、重い空気が漂っていました。そして、その奥に順子さんが座っていたのです。

 

純子さんが僕を紹介してくれたので、「こんにちは」と挨拶をしましたが、順子さんは僕を一瞥しただけで、すぐに目を伏せました。純子さんから二人は五五歳と聞いていたのですが、順子さんは七〇代に見えました。一方で、明るく元気な純子さんは四〇代に見えます。

 

僕は順子さんのそばの床に腰を下ろしました。純子さんは順子さんの隣に座ります。何でもいいので、とにかく話をしてもらおうと思いました。順子さんの気持ちが内側に閉じこもっているように見えたからです。

 

「花粉症は平気ですか? 僕はひどいんですけど」「あそこのビル、取り壊されるそうですよ」「この商品、好きなんですか?」

 

季節の話や窓から見えるもの、室内に散乱しているものなど、とにかくいろいろな話をしてみましたが、順子さんは曖昧な相槌を打つ程度しか反応してくれません。

 

気がつけば三時間も話し続けていました。時計の針は一七時に近づいています。日をあらためたほうがいいかもしれないと思いました。

 

あなたにオススメのセミナー

    株式会社サステナブルスタイル 代表取締役

    株式会社サステナブルスタイル代表。遺品整理の現場で残された家族の姿をたくさん見てきた経験から、明らかに「円満なご家族」と「不穏な空気のご家族」に分かれることに気がつき「円満な相続」を迎えるために何ができるだろう、と考えたことをきっかけに、2022年8月10日に「現場で見たエピソードを世の中に伝えることで、一人一人が何かを考えるきっかけになってほしい」と考え、23篇の実話を紹介する本「もう会えないとわかっていたなら」を出版し、Amazonの日本文学(日記・書簡)カテゴリで1位を獲得。

    また、本の中で特に印象的なエピソードを一部抜粋して紹介したところ、Yahoo!ニュースのライフカテゴリでアクセス数1位を記録。

    相続終活のWebメディア「円満相続ラボ」も運営しており、相続終活の「わからない」「困った」を解決するコラム記事を通じて、相続を円満に終えるために必要なノウハウを広く伝えている。

    株式会社サステナブルスタイル

    相続終活メディア「円満相続ラボ」

    著者紹介

    連載大切な家族を亡くした人々の実話から「円満相続」について考える

    本連載は、2022年8月10日発売の書籍『もう会えないとわかっていたなら』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございます。あらかじめご了承ください。

    もう会えないとわかっていたなら

    もう会えないとわかっていたなら

    家族の笑顔を支える会

    扶桑社

    もしも明日、あなたの大切な人が死んでしまうとしたら──「父親が家族に秘密で残してくれた預金通帳」、「亡くなった義母と交流を図ろうとした全盲の未亡人」、「家族を失った花屋のご主人に寄り添う町の人々」等…感動したり…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ