フィリピン「業界再編」加速…M&Aで巨大銀行誕生へ 写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏による、最新のフィリピンレポート。今週は、最新のM&Aの動きをみていきます。

RBCとの合併で、BPIがフィリピン第2の銀行へ

\\12/3開催//
世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開
~狙われる富裕層…今からならまだ間に合う!2024年のXデーに備えよ!

 

アヤラグループ銀行(BPI)とロビンソンズ銀行(RBC)の株式交換による合併が、それぞれの取締役会で承認されました。

 

この取引は、BSP、SEC、Philippine DepositInsurance Corp、フィリピン預金保険公社(PDIC)およびフィリピン競争委員会(Philippine Competition Commission)を含む規制当局の承認を得る必要があります。両当事者は、2023年末までにこのプロセスを完了させたいと考えています。

 

合併完了後、RBCの株主である財閥のJGサミット・キャピタル・サービス・コーポレーション(JGS)とRobinsons Retail Holdings,Inc.(RRHI)が、それぞれ3.6%、2.4%の株式を保有することになり、財閥オーナーであるGokongwei氏の持ち株比率は6%になる予定です。

 

また、BPIは資産規模(2022年3月時点)で2.5兆ペソとなり、メトロポリタン銀行を抜いて第2位の銀行となります。

 

このディールは、基本的には、BPIの成長を加速させる合併とみられています。BPIの既存ネットワークの拡大に加え、今回の合併により、Gokongweiグループと様々なパートナーシップを構築することができるからです。

 

BPIは今後も景気回復や金利上昇の恩恵を受けると考えられています。

 

現在RBCの株式は、JGSが60%、RRHIが残り40%を保有しています。現在の価格ベースでいくと、今回の合併により、JGSの時価総額は145億ペソ、RRHIの時価総額は97億ペソ増加します。

 

JGSの主要事業がマーケットリーダーであり、長期的な経済成長の恩恵を受けると考えられています。また、この財閥の経営陣は、産業界において優れた実績を示してきました。しかし、短期中期的には、原油価格の高騰や高インフレという現在の環境は、今後も見通しを悪化させると思われます。

 

【12月1日(木)開催セミナー】
未曽有の円安ショック!
いまこそ海外資産保有の考えどき…
売却益1,000万円・利回り20%を実現する「フィリピン不動産投資」の魅力

あなたにオススメのセミナー

    一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

    慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
    その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

    著者紹介

    連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

    ※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ