10月の香港・中国株見通し…「チャイナマネー」流入で自律反発の可能性

本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラムから転載したものです。

香港市場

9月回顧…ハンセン指数は約11年ぶりの安値

米国の大幅な利上げ継続や米中関係の悪化などを背景に、香港市場は下落基調が続いた。ハンセン指数は23日に18,000 ptを割り込み、約11年ぶりの安値を付けた。

 

米FRBの9月会合では、3会合連続となる0.75%の大幅利上げを決定し、積極的な利上げを続ける意向も示唆した。米国の利上げ継続を受け、中国からの資金流出(米ドル高・人民元安が進行)、世界的な景気後退への懸念が広がった。

 

個別銘柄では、薬明生物技術(02269)や百度集団(09888)などグロース株の下落が顕著だった一方、中国移動(00941)などバリュー株は堅調に推移した。

 

10月見通し…市場センチメントの改善を待つ局面

【予想レンジ】
ハンセン指数:16,000~20,000pt

 

10月の香港市場は、底堅い展開になろう。

 

欧米の大幅利上げ継続による世界的な景気後退懸念など、香港株を取り巻く外部環境に多くの懸念要素が存在。投資家の慎重姿勢が目立っており、現在は市場センチメントの改善を待つ局面にある。

 

ただ、香港株は大きく下落していただけに自律反発狙いの買いが入りやすく、中国マネー流入継続の見込みも相場の支えになろう。

 

[図表1]ハンセン指数
[図表1]ハンセン指数の推移

 

9/26から香港のコロナ規制が緩和され、地元株にプラスに働こう。

 

16日から中国共産党大会が開幕する。当局の政策発表などをきっかけに、買戻しの動きが強まる可能性もあろう。

 

なお、4日は重陽節で休場となる。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

あなたにオススメのセミナー

    東洋証券香港現法亜洲有限公司
     中国株アナリスト/香港ストラテジスト

    神戸大学大学院経済学研究科修士課程修了。内藤証券の営業部門、VC(ベンチャーキャピタル)を経て、東洋証券に入社。現在は香港現地法人にて中国株アナリスト及び香港マーケットのストラテジストを担当。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)。

    著者紹介

    東洋証券株式会社 上海駐在員事務所
    中国株アナリスト/ストラテジスト

    九州産業大学国際文化学部卒。2015年東洋証券入社。本社投資調査部の中国業務担当を経て、2018年より現職。中国現地で上場企業取材などを行い、各種情報の発信・レポート執筆を手がける。中国・重慶出身。

    著者紹介

    連載【東洋証券】グローバルマーケット情報

    【免責事項等】
    この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
    この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ