年金8万円専業主婦の復職…パートと正社員、どちらがお得か?

子育てが終わった専業主婦が復職を考えています。夫の扶養範囲内でパートを続けていると、社会保険料がかかりません。そのかわりに妻の年金も増えません。フィナンシャルプランナーの長尾義弘氏が著書『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)で解説します。

【オンライン開催】2/16(木)開催決定
富裕層が注目する新築RC造マンション投資が誕生
日本保証の物件保証で「フルローン」の可能性も!
プレミアム・レジデンス「J-ARC」のご提案>>>>

パートで働いてもは妻の年金は増えない

▶50代専業主婦から復職/パートと正社員、どちらを選ぶ?

現状

妻50歳、夫52歳。夫は正社員として働き、平均賃金(月額)は45万円です。

 

妻は大学を卒業してから会社に勤めていたのですが、出産と子育てのために退職しました。いったんは家庭に入ったものの、子どもはこれから学費がかかる時期です。そこで、15年のブランクを経て、仕事に復帰することを決めました。

 

ただし、今度は正社員ではなく、夫の扶養範囲内のパート(月収8万円)で働くつもりでいます。そのため、厚生年金の加入期間は実質13年です。

 

一方、夫は60歳の定年後も、65歳まで再雇用で働き続ける予定です。 

 

65歳からの年金受給額の見込みは、

 

●妻──月額約8万円(年額約95万円)
●夫──月額約17万円(年額約200万円)

 

夫婦の合計は月額約25万円。家計は毎月約2万円程度の赤字になりそうです。

 

対策

パートで働く際、夫の扶養の範囲内を目安にする人は多いものです。

 

夫の扶養範囲内でパートを続けていると、社会保険料がかかりません。そのかわりに妻の年金も増えません。

 

給与が一定額を超えたときは夫の扶養からはずれ、税金や社会保険料が高くなりますから、手取りは減ってしまいます。しかし、もっと給与が上がれば、あまり関係なくなります。

 

50歳から65歳まで15年間、月給20万円で働くと、厚生年金は年間約20万円アップします。目先のマイナスにとらわれがちですが、老後まで見据えたら、こちらのほうがプラスになるわけです。

 

さらに、夫は70歳まで働き、二人とも70歳まで繰下げ受給したとします。


 
70歳からの年金受給額は、

 

●妻──月額約13.6万円(年額約163万円)
●夫──月額約24.5万円(年額約294万円)

 

夫婦の合計は約38万円まで増やせますから、かなりゆとりができるでしょう。

 

長尾義弘著『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)より。
長尾義弘著『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)より。

 

あなたにオススメのセミナー

    ファイナンシャルプランナー
    AFP
    日本年金学会会員

    大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。

    著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

    【ホームページ:http://neo.my.coocan.jp/nagao/

    著者紹介

    連載老後を安心して過ごすための年金知識

    本連載は長尾義弘氏の著書『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。

    私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。

    長尾 義

    生命保険文化センターなどのアンケート調査によると、8割以上の人が老後の生活に不安を感じています。さまざまな心配事があるなか、トップを占めているのは老後のお金に関する問題です。 「けっきょく、私は年金をいくらもら…

    定年の教科書 お金 健康 生きがい

    定年の教科書 お金 健康 生きがい

    長尾 義弘 福岡 武彦

    河出書房新社

    「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ