(※写真はイメージです/PIXTA)

緑内障の進行には、食事や運動、生活態度が大きく関係しています。緑内障を悪化させないためには、何に気をつければよいのでしょうか? メディアでお馴染みの眼科専門医・平松類氏の著書『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)より、「緑内障にいい栄養素」を紹介します。

本稿を読む前に…

本稿ではQ&Aの根拠となる論文のエビデンス(科学的根拠)レベルをABCに分け、参考程度にとどめていただきたいDもふくめて評価しています(図表1・2参照。簡易的に分けているのであくまで目安とお考えください)。

 

出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)
[図表1]本稿のエビデンスレベル(著者作成) 出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)

 

出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)より
[図表2]7つのエビデンスレベル(著者作成) 出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)

Q1. 目によいとされるブルーベリーは緑内障にもいい?

⇒A. 緑内障への作用は期待できません。目の疲労が改善する程度です。

 

【エビデンスレベル:C】

ブルーベリーは目によいといわれています。たしかに、ブルーベリーにふくまれるアントシアニンという成分は老化を防ぐ抗酸化物質の一種です。人間の身体は加齢や紫外線などによってダメージを受けています。これを酸化といいます。抗酸化物質には身体を酸化から守る作用があり、その多くが食べものなどからとり入れられます。しかし、アントシアニンは目にだけ集中するわけではなく、全身を巡ります。したがって結果的に、目にいきわたるアントシアニンは摂取量の一部となってしまうのです。

 

とはいえ、全身の加齢を防ぐ作用はあるといえます。ブルーベリーを好んで食べる分には問題ありませんが、患者さんの中には無理をしてまで摂取する方がいます。そういった方には「そこまでがんばる必要はありませんよ」とお話ししています。

 

では、緑内障についてはどうでしょうか? 残念ながらブルーベリーにふくまれるアントシアニンについてはわずかな研究があるものの、今のところ注目すべきものはありません。現在のところ眼精疲労などに対して作用があるかどうかという程度です*1。ブルーベリーが目によいといわれるようになった歴史的な経緯についてはYouTube動画で解説しているので興味のある方はご覧ください。

 

では、緑内障によい栄養素にはどんなものがあるのでしょうか? これについてお話しできればと思います。

 

*1 Shim SH, et al. Ginkgo biloba extract and bilberry anthocyanins improve visual function in patients with normal tension glaucoma. J Med Food 2012;15(9):818-23. doi: 10.1089/jmf.2012.2241. Epub 2012 Aug 7.

次ページ目によいとされるルテインは緑内障にもよい?

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、平松類氏の著書『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識

    自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識

    平松 類

    ライフサイエンス出版

    「緑内障は失明する病気」「緑内障になったら自分でできることは目薬だけしかない」なんて思っていませんか? 実は緑内障は早期発見できちんと治療をすれば「99%失明を防げる」ことがわかっています。さらに、食事・栄養・睡…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ