健康 カラダの異変 健康づくり
連載Q&Aでわかる緑内障の新常識【第3回】

子どもの「黒目が大きくてかわいい」は緑内障のサイン?知っておくべき緑内障のタイプと特徴【眼科専門医が解説】

緑内障

子どもの「黒目が大きくてかわいい」は緑内障のサイン?知っておくべき緑内障のタイプと特徴【眼科専門医が解説】

緑内障は「失明する病気」と思われがちですが、きちんと治療を受けていれば失明することはまずありません。ただし自覚が難しく、気がつかないうちに進行してしまうという恐ろしさも持っています。きちんと治療をうけるためには、病気についてよく知っておくことが大切です。メディアでお馴染みの眼科専門医・平松類氏の著書『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)より、知っておくべき緑内障の知識を見ていきましょう。

Q1. 緑内障になったらどのように進行しますか?

⇒A. 初期から中期には自覚症状がありません。後期になると急に視野が狭くなったように感じます。

緑内障は視神経がダメージを受けて視野が徐々に狭くなっていく病気です。視神経は約120万本あるといわれ、少しぐらい傷んでも視野欠損は起こりません。視野欠損は周辺から起こることが多く、10〜20年かけてゆっくりとしたペースで進んでいきます。視野が欠けるというと、真っ暗になることや白くぼやけることをイメージするかもしれませんが、症状が進まない限り、視野欠損を自覚することはできません。

 

視野が欠け始める初期では視力は良好で視野の欠けは実感できません。また視野が半分程度欠けた中期でも視力は良好で自覚症状はほとんどありません。いよいよ後期になると視力が極端に悪くなり、視野欠損も自覚するようになります(図表1)。この段階で治療を始めるとかなり治療に苦慮してしまいますし、日常生活の不自由さも感じます。できる限り中期までには治療を始めたいところです。

 

出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)
[図表1]緑内障の進行とものの見え方 出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)

 

通常の緑内障で初期、中期であれば治療をしっかりして、生活上の注意点に気をつけてさえいれば、日常生活に不自由しない視野を維持して一生を過ごせることがほとんどです。とはいえ、「治療が不十分」「進行が早い(特殊な場合)」「発見が遅かった」場合などは視野が狭くなっていきます。緑内障が進行した患者さんは「日に日に見えなくなってきた」「急に進んだ」といいます。

 

とはいえ、実際には進行が早くなっているわけではありません。たとえば、100%の視野が1%欠けると99%の視野が残っていることになりますが、緑内障の後期で10%の視野しか残っていない人が1%の視野を失うと、同じ進行度でも10倍悪くなったように感じるわけです。さらにいうと、初期のころは周辺の視野や鼻側の視野が欠けていくのに対し、後期になると中心の視野が欠けていくので10倍ではきかないほど進行が早く感じるのです。

 

外来でも、進行がかなりゆるやかになっているのに「どんどん悪くなっているのでないか」と焦る患者さんとお話しすることがあります。不安が大きいとは思いますが、そういったときこそ落ち着いてしっかりと治療していくことが大切です。

 

また治療方針として、患者さんのQOL(生活の質)を維持するために自覚症状がないうちに「目薬を増やす」「手術やレーザー治療を検討する」こともあります。とはいえ、ここに難しい問題があります。「見えにくい」と感じていない患者さんに目薬を増やすと目薬の副作用などで「調子が悪くなった」といわれることがあります。また手術やレーザー治療の副作用でも「見えにくくなった」と患者さんが不満を抱くこともあります。こうした背景から治療に二の足を踏んでしまう医師もいます。一方、患者さん自身も積極的な治療を避けてしまう傾向があります。

 

だからこそ、病気をよく知ってお互いにコミュニケーションをとらないと治療が不十分になってしまいます。では、病気をよく知るために緑内障の種類について見ていきましょう。

あなたにオススメのセミナー

    二本松眼科病院 副院長 医学博士、眼科専門医

    愛知県田原市出身。自身がドライアイであり克服した経験を持つ。医療コミュニケーションの研究のなかで患者さんが病気を知ることがより良い治療のために大切なことを知り、病気の知識をわかりやすく伝える活動を続ける。

    主な著書に『緑内障の最新医療』『黄斑変性・浮腫で失明しないために』『その白内障手術、待った!』(時事通信社)など多数。テレビ、新聞、ラジオ、雑誌などのメディア取材にも精力的に応じている。

    ●YouTubeチャンネル:眼科医平松類「二本松眼科病院」

    著者紹介

    連載Q&Aでわかる緑内障の新常識

    ※本連載は、平松類氏の著書『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識

    自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識

    平松 類

    ライフサイエンス出版

    「緑内障は失明する病気」「緑内障になったら自分でできることは目薬だけしかない」なんて思っていませんか? 実は緑内障は早期発見できちんと治療をすれば「99%失明を防げる」ことがわかっています。さらに、食事・栄養・睡…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ