故人に借金がある場合は要注意…相続放棄だけでは安心できないワケ【弁護士が解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

故人が借金をしていた場合、原則として借金も相続の対象となりますが、相続放棄をすることなどで借金の肩代わりを防ぐことも可能です。しかし安易に対応すると、思わぬ事態になる場合があると、Authense法律事務所の堅田勇気弁護士はいいます。みていきましょう。

故人が遺した借金…相続しなきゃダメ?

「相続」というと、一般的に家、土地や預貯金などプラスの財産の承継を思い浮かべることが多いかと思います。しかし、故人が借金をしている場合や、家のローンが残っている場合もあることでしょう。

 

では、故人の借金やローンも、相続の対象となってしまうのでしょうか?

 

原則としては「借金も相続」

原則として、相続人はプラスの財産のみならず、借金やローンなどマイナスの財産も相続することとなります。借金やローンを引き継いだ場合には、故人に代わってその後は相続人が返済していかなければなりません。

 

借金は、法定相続人がそれぞれの法定相続分の割合に応じて、当然に承継することが原則です。

 

「借金だけ放棄」は不可能…相続放棄すると"なにも相続できない"

相続放棄とは、家庭裁判所へ申述することによって、はじめから相続人ではなかったこととされる手続きです。相続放棄の結果としてはじめから相続人ではなかったこととなる以上、借金も引き継がずに済みます。

 

ただし、プラスの財産は相続したいけれど、借金だけを放棄したいなどといった都合のいいことはできません。相続放棄をすると、土地や預貯金などプラスの財産も一切相続することができなくなります。なお、相続放棄をせず、遺産分割協議をした場合に、一部の相続人がなにももらわない内容の遺産分割協議を成立させたことを「相続を放棄した」と話す方がいらっしゃいます。

 

ですが、これは法律上の「相続放棄」にはあたりません。法律上の「相続放棄」をするためには、必ず家庭裁判所への申述が必要ですので、混同しないようにしてください。

 

【10月4日(火)開催セミナー】
今までになかった「インドアゴルフ×投資」事業投資のご提案
~出店実績96店舗、累計会員数5万人超、創業10年。インドアゴルフのリーディングカンパニー「ステップゴルフ」~

あなたにオススメのセミナー

    Authense法律事務所 弁護士

    神奈川県弁護士会所属。一橋大学法学部法律学科卒業。
    相続および不動産法務を中心に数多くの案件を取り扱う。不動産に関する知見を活かし、相続人が30人以上の案件など、複雑な相続案件の豊富な解決実績を有する。また、離婚案件についても高額の婚姻費用が認められた案件など多数の実績がある。
    依頼者に寄り添いながらも第三者的な視点に立った助言を行うことをモットーとしており、迅速な対応による早期解決で依頼者の利益を最大化することを心がけている。

    Authense法律事務所(https://www.authense.jp/)
    Authense遺言・遺産相続(https://www.authense.jp/souzoku/)

    著者紹介

    連載Authense法律事務所の堅田勇気弁護士が解説!もめない相続を実現する方法

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ