「学校で落ち着きがなく、しつこい」ADHDの小学生…症状が劇的に改善したワケ【医師の実録】 (※画像はイメージです/PIXTA)

筑波こどものこころクリニック院長/小児科医の鈴木直光氏は著書『新訂版 発達障がいに困っている人びと』のなかで、発達障がいとどのように向き合うべきかを記しています。発達障がいは治療ができない難病ではありません。本記事では、その治療について、実例をもとに解説していきます。

「落ち着きがない息子」はADHDか?

私が市立病院に勤めていた時のことです。当時、小学1年生であったG君は、母親とともに、診察に来ました。

 

母親が待ち時間に待合室で記入した問診票を見ると、誰彼かまわず馴れ馴れしい態度をとる、綺麗に並べたがる、自己中心的なところがありトラブルも多い、自転車&縄跳びが苦手といった症状があったようです。多動型のADHDがメインで、少々自閉スペクトラム症が入っているという印象を受けました。

 

「何が心配ですか」と私が尋ねると、母親は静かに語り始めました。

 

「落ち着きがなく、よく離席して廊下や校庭へ行くこともあります。そして、しつこく、妹や友人によくちょっかいを出しています」

 

「そうですか、大変ですね。お父さんとお母さん、どっちに似たのですか」

 

「これらの行動は父親の小さい時と同じだと義母が言っていました」

 

「学校で知能検査をしたようですが、結果は聞いていますか」

 

私がそう言うと、G君の母親は結果の紙を見ながら、「はい、WISC-Ⅲで、VIQ(言語性IQ):91、PIQ(動作性IQ):96、FIQ(全検査IQ):93でした。85以上だったので、知的には問題ありませんでした。ただし、検査中とにかく落ち着きがなく、じっとしているのが大変な状況だったようです。検査が終了するたびに席を立ち、周囲のものに気が散っていたそうです」と答えました。

 

問診票などを踏まえ診断するには、少し時間が必要でした。心理カウンセリングなど療育はしていなかったので、まずは生活リズムを整え、ちゃんと行動カードのようなDRC(Daily Report Card)を使った行動療法をやることを指示して、また来てくれるように頼みました。

 

そして、ADHD問診票をわたし、次回の外来までに、親御さんと担任にチェックしてもらい持参してくれるように、頼みました。

 

次の外来の日がやってきました。この少し前に、実は一つ問題が起きていました。校長が、担任の行ったADHD問診票を、校外へ出さないように言ったそうなのです。親御さんと担任が異議を申し立て、説得し、なんとか外来へと届きました。

 

プライバシーの観点から外には出せないと考え、医師がADHDを診断するためのツールとは思わなかったのでしょう。あるいは、ADHD問診票のスコアが悪いと、学校で何も対策を施していないのではないかと親や教育委員会に思われたくないと考えたのでしょう。

 

他にも同様のケースが起こることは十分に考えられます。このようなことがあったとしても、担任などの助けを借り、諦めずに必ず医師のもとへ問診票を届けてください。

あなたにオススメのセミナー

    日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
    掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

    本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

    新訂版 発達障がいに困っている人びと

    新訂版 発達障がいに困っている人びと

    鈴木 直光

    幻冬舎メディアコンサルティング

    発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ