骨折は命をも奪う…「早期に骨粗鬆症になる」生活習慣の特徴 (※写真はイメージです/PIXTA)

骨粗鬆症という言葉を知ってはいても、予防のために何をすべきかわからない方は多いのではないでしょうか? 脊椎脊髄外科専門医の佐藤勝彦氏は、書籍『あなたの骨は大丈夫ですか? すぐできる骨粗鬆症予防』のなかで、骨粗鬆症の予防について解説しています。

人生100年時代…不健康ギャップを短縮するには?

平均寿命が延びています。日本人の平均寿命はほぼ世界一です。人生100年として人生設計が求められる時代になりました。ただし、大半の方は最後の約10年間は自立が困難で介護をうけながら生活しています。できるだけ他人に世話にならないで命を全うしたいと願うのは自然なことです。

 

自立した生活を営むことができる状態を健康寿命といいます。平均寿命と健康寿命との間には時間差、いわゆる「不健康ギャップ」があります。健康寿命を延伸することが大事です。では、どうしたらよいでしょうか。

 

ピンピンコロリ運動はまさにその典型といえるでしょう。運動して良好な健康状態を維持しようという取り組みです。減塩食、歩け歩け、生き甲斐を求めて仕事を続けることが有効とされています。最近ではこうした取り組みで徐々に健康寿命が延びています。

 

さらに健康寿命を延伸するためには骨を丈夫に保つことが重要です。なぜなら、大腿骨近位部骨折や脊椎圧迫骨折をきっかけに寝たきり、要介護になってしまう人が増えているからです。あなたの骨は大丈夫ですか?

健康寿命を脅かす骨粗鬆症…要介護の原因は「ロコモ」

要介護者数が年々増加しています。要介護になった原因は、骨折・転倒・関節疾患を合わせたロコモ23%、認知症19%、脳卒中15%、高齢による衰弱14%、メタボによる心疾患14%、その他となっています。

 

男女別に見てみると、男性の第一位は脳卒中で23%を占めています。それに対し、女性の第一位は骨折転倒・関節疾患のロコモで28%と高率です。

 

その理由は女性の場合は閉経後に骨密度が急激に低下して骨粗鬆症になる方が増えるからです。若いときから骨粗鬆症を意識して予防し、更年期以降はさらなる骨粗鬆症の悪化を防ぎ、足腰を鍛えて転倒予防しながら骨折しないようにしましょう。

 

(※数字は平成30年版高齢者白書より小数点以下四捨五入)

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『あなたの骨は大丈夫ですか? すぐできる骨粗鬆症予防』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ