(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラムから転載したものです。

香港市場

7月回顧…緩やかな下落基調が続いた

香港市場は、積極的な買いにつながる目新しい材料を欠くなか、利益確定売りが優勢となり、月初から下落基調が続いた。

 

ハンセン指数の終値は15日に、5月26日以来約1ヵ月半ぶりの安値を付けた。21日時点、サウスバウンド(中国本土⇒香港)経由の中国マネーの買い越し額は約9億HKDにとどまり、6月の約534億HKDから大幅に細った。

 

個別銘柄では、筆頭株主が一部保有株の売却を発表したテンセント(00700)は冴えない動きとなった。一方、ディフェンシブ銘柄の中国電信(00728)など通信大手は堅調だった。

 

8月見通し…「森より木を見る」業績相場へ

【予想レンジ】

ハンセン指数:19,000~22,500pt

 

[図表1]ハンセン指数

 

8月の香港市場は森より木を見る展開になるか。

 

6月中間期の決算発表が本格化するため、業績動向を手掛かりとした個別物色の動きが活発になりそうだ。新型コロナ対策の都市封鎖による企業活動の停滞は4~6月期の業績悪化に繋がりかねないと見られている。

 

ただ、企業業績は4~6月期に底打ちし、下期に回復に向かう期待感が高まれば、業績内容に好意的に反応する可能性もあろう。17日はテンセント、薬明生物技術(02269)、18日は吉利汽車控股(00175)が決算を発表する予定。

 

19日には、ハンセン指数構成銘柄の見直し結果が発表される見込み。

中国市場

7月回顧…戻り一服、利食い売り膨らむ

7月の中国市場は買い優勢でスタート。上海総合指数は5日に約4ヵ月ぶり高値の3,424ptまで上昇し、深セン成分指数も13,121ptまで買われた。

 

ただ、新型コロナの感染再拡大による行動規制や住宅ローン不払い問題などへの懸念が高まり、月後半にかけて利益確定売りが目立った。中国の4~6月期GDPが前年同期比0.4%増と、市場予想の1.2%増を大きく下回ったことも相場の重しとなった。

 

海外勢は、前月の大幅買い越しから一転、総じて売りに転じた。

 

浙江三花智能控制(002050)が19日に上場来高値となる30.60元まで上昇した。

 

8月見通し…戻りを試す展開か、政策相場に期待

【予想レンジ】

上海総合指数:3,150~3,500pt

深セン成分指数:11,500~14,000pt

 

[図表2]上海総合指数

 

8月の中国市場で各指数は戻りを試す展開となりそうだ。近く開催予定の米中首脳会談で関税の一部撤廃が実現すれば、これまで消極的だった海外投資家(7/1~21まで239億元売り越し)による資金再流入のきっかけとなろう。

 

また、景気減速の懸念が強まるなか、インフラ投資のさらなる後押しが予想され、建機大手の三一重工(600031)などに注目したい。6月中間期での好決算銘柄への物色も進みそうだ。歌爾(002241)は前年同期比で最大40%増益、上海璞泰来新能源科技(603659)は同最大83%増益見通しをすでに発表済みだ。

 

 

東洋証券

上海駐在員事務所

奥山 要一郎

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

 

【2/27開催】「区分マンションの相続税評価」
「暦年贈与制度」「相続時精算課税制度」
改正のおさらい&活用方法を一挙解説

 

【2/28開催】先々の供養方法で考える
「墓じまい」のお得で円滑な進め方

 

【2/28開催】オルタナティブとしての
「ワイン投資」の魅力

 

【2/29開催】「コモディティ」がインフレに強い理由
多彩化が進むゴールド・原油市場と向き合う姿勢を徹底解説

\設立10年 会員数13,000名突破!/
富裕層が資産家であり続けるための無料会員組織
カメハメハ倶楽部とは?

あなたにオススメのセミナー

    【免責事項等】
    この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
    この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ