【コロナ起源】米情報機関の「バイデン報告書」で判明したこと (※写真はイメージです/PIXTA)

ジョー・バイデン米大統領は、米情報機関に対して、新型コロナの起源に関する「情報の収集・分析」を行い、2021年8月末までに報告することを求めていた。「バイデン報告書」には何が書かれていたのでしょうか。元・陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏が著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)で解説します。

情報機関の「バイデン報告書」の中身

■米国の情報機関の調査結果

 

ジョー・バイデン米大統領は、米情報機関に対して、新型コロナの起源に関する「情報の収集・分析」をおこない、2021年8月末までに報告することを求めていた。

 

それを受けて、情報機関は報告書「COVID―19に関する最新の評価」を提出したので、その結論部分を紹介する。ここでいう情報機関とは、米国に16ある情報機関を統括する国家情報長官(DNI:Director of National Intelligence)と大統領直属の諮問機関である国家情報会議(NIC:National Intelligence Council)のことだ。

 

米情報機関は「新型コロナを引き起こすウイルス(SARS-CoV-2)が、2019年12月に武漢で発生した新型コロナ症例の最初の既知のクラスターの原因である。このウイルスは、2019年11月までに発生した最初のクラスターが感染した動物などからウイルスを取りこむことによって、ヒトに感染した可能性がある」と評価している。  

 

さらに、情報機関は「そのほかの重要な問題について、幅広い合意に達することができた。具体的には以下のようなことである」としている。

 

①「ウイルスは生物兵器として開発されたものではない」と判断した。


②情報機関のほとんどは、SARS-CoV-2がおそらく遺伝子操作されていないと(低い確信で)評価した。しかし、残りのふたつの機関は、評価をおこなうのに十分な証拠がなかったとしている。


③情報機関は、新型コロナが最初に発生する前に、中国の当局者がウイルスについての予見をもっていなかったと評価した。

 

しかし、新型コロナのもっとも可能性の高い起源についての見解は、情報機関によって分かれている。ただ、すべての機関は「感染した動物への自然曝露と実験室関連の事件というふたつの仮説がもっともらしい」とは評価している。

 

・四つの情報機関と国家情報会議は、最初のSARS-CoV-2感染は、感染した動物または近縁の前駆ウイルス(おそらく99%を超える確率でSARS-CoV-2と似たウイルス)への自然曝露によって引き起こされた可能性がもっとも高いと(低い確信で)評価した。

・ひとつの情報機関は、SARS-CoV-2による最初のヒト感染は、おそらく実験、動物の取り扱い、武漢ウイルス研究所によるサンプリングにともなう実験室関連の事故の結果である可能性が高いと(中程度の確信で)評価している。この評価を下したアナリストは、コロナウイルスに関する作業の本質的な危険性に重きを置いている。

・三つの情報機関のアナリストは、追加情報がないと「自然起源説」と「実験室起源説」、どちらの説が正しいか結論付けることができないとした。一部のアナリストは自然起源説を支持し、他のアナリストは実験室起源説を支持し、一部のアナリストは両者を同等と評価している。

・情報機関(および世界の科学コミュニティ)は、初期の新型コロナ症例の臨床サンプルまたは疫学データの完全な理解を欠いている。関心のある場所または職業上の曝露を特定したもっとも初期の症例に関する情報を入手したならば、仮説の評価が変わる可能性がある。 新型コロナの起源の決定的な評価に到達するには、中国の協力が必要になる。

 

しかし、中国政府は引き続き世界的な調査を妨害し、情報の共有に抵抗し、米国を含む他国を非難している。これらの行動は、調査が中国の不利益になることをどこまで暴き出すのかについて、中国政府自身がわかっていないことと、国際社会が中国に政治的圧力をかけるために、パンデミックの発生起源がわからないという問題を利用しているという、中国政府のフラストレーションを反映している。

 

あなたにオススメのセミナー

    前・富士通システム統合研究所安全保障研究所長
    元ハーバード大学アジアセンター・シニアフェロー
    元陸上自衛隊東部方面総監

    1978(昭和53)年、東京大学卒業後、陸上自衛隊入隊。その後、外務省安全保障課出向、ドイツ連邦軍指揮幕僚大学留学、函館駐屯地司令、東京地方協力本部長、防衛研究所副所長、陸上幕僚監部装備部長、第2師団長、陸上幕僚副長を経て2011(平成23)年に東部方面総監。2013年退職。著書に『米中戦争―そのとき日本は』(講談社現代新書)、『中国人民解放軍の全貌』(扶桑社新書)、『日本の有事』(ワニブックス【PLUS】新書)、共著に『台湾有事と日本の安全保障』『現代戦争論―超「超限戦」』(ともにワニブックス【PLUS】新書)がある。

    著者紹介

    連載日本はあらゆる領域が戦場になる戦時下である

    本連載は渡部悦和氏の著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    日本はすでに戦時下にある

    日本はすでに戦時下にある

    渡部 悦和

    ワニブックス

    中国、ロシア、北朝鮮といった民主主義陣営の国家と対立する独愛的な国家に囲まれる日本の安全保障をめぐる状況は、かつてないほどに厳しいものになっている。 そして、日本人が平和だと思っている今この時点でも、この国では…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ