角栄が引き出した「ダー」…北方領土問題は振り出しに戻った (※写真はイメージです/PIXTA)

発足当時の田中内閣の支持率は62%。「最も支持が強いときに、最も難しい問題をやる」と語った田中角栄。それは日中国交正常化であり、ソ連(現ロシア)との領土問題の解決、そして平和条約の締結であったのだ。ジャーナリストの田原総一朗氏が著書『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)で解説します。

最も支持が強いときに、最も難しい問題を

■高支持率の今だからこそ勝負する

 

田中角栄はこの日ソ間の緊迫を打ち破ろうとした。

 

日本の現職の首相としては17年ぶりにソ連を訪れ、北方領土問題解決の筋道をつけようとしたのだった。戦後、ソ連を訪ねた日本の首相は鳩山一郎だけで、角栄は2人目だった。それほど日本とソ連との間の溝は深かった。その溝を角栄はあえて飛び越えようとした。首相就任時の高支持率を考えれば、とらなくていいリスクだった。

 

なにせアメリカの頭越しに日中国交正常化を果たすという離れ業を成し遂げた角栄だ。

 

得点はすでに十分にあげていた。

 

日中国交正常化は、現代の視点からみれば当然の流れのように思えるが、当時の日本と日本を取り巻く世界情勢を照らし合わせて考えてみれば、決してそうではなかった。

 

1952年に台湾(中華民国)との間で日華平和条約を締結していた日本にとって、当時中国の窓口となっていたのは、台湾だった。その台湾を「中国のひとつの省にすぎない」と主張する中国(中華人民共和国)を日本国の首相として正式に訪問するのだ。台湾を切り棄て、中国を取る。まさに命懸けの外交だった。

 

その証拠に、角栄はこのときの中国訪問に事実上のファーストレディーであった娘の眞紀子を同伴させていない。「もし、眞紀子にまで何かあれば、田中家が絶えてしまう」というのがその理由だった。文字どおり、命懸けだったわけである。角栄に同行することが決まった官僚のなかには、遺書を書き残し、「何かがあればこれを」と家族に託した者もいたほどだ。それほど日中国交正常化交渉は緊迫が予想されたし、難作業だった。

 

しかし、その難作業を角栄はやってのけた。

 

そして、今度は「中国のようにロシアとの交渉をやる」という。当然、期待は高まる。最初からハードルが高いぶん、うまく行かなかった場合の反動も大きい。

 

「日中国交正常化で止めておけばいい。あえてソ連まで手を伸ばさなくても」

 

そんな声を角栄は押しとどめた。そして強硬にソ連に入っていったのだ。まさに背水の陣だった。ソ連との関係を角栄は決定的に重視していた。日本が北に進路をとることの意味を見抜いていたのだった。

 

だからこそ、角栄の使命感は並々ならぬものだった。ソ連との関係打開は日本国にとって、避けては通れない課題だと感じていた。

 

1972年7月7日。角栄は自民党総裁選で福田赳夫を破って「角福戦争」を制し、第64代内閣総理大臣に就任したが、このとき角栄からの要請で通産秘書官からそのまま総理秘書官となった通産官僚・小長啓一は、同乗した車の中で角栄からこう言われたことを鮮明に覚えている。

 

「人気絶頂にある今だからこそ、為すべきを為さねばならない」

 

「小学校卒の首相」「庶民派宰相」……。世間はこれを好意的に受け止め、発足当時の田中内閣の支持率は62%。この記録は1993年に非自民連立の細川護熙内閣が誕生するまで破られることはなかったが、角栄はこの支持率に安閑とすることはなく、すぐさま仕事にとりかかった。

 

「俺は今、『今太閤』と呼ばれている。首相に就任した今こそが、政治権力の絶頂期だ。最も支持が強いときに、最も難しい問題をやる。俺にはやらなければならないことがある」

 

その「やらなければならないこと」こそ、日中国交正常化であり、さらにはソ連との領土問題の解決、そして平和条約の締結であったのだ。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー
富裕層の相続対策から税金対策の悩みを一挙解決!
詳しくはこちら>>>

あなたにオススメのセミナー

    ジャーナリスト

    1934年、滋賀県彦根市生まれ。早稲田大学文学部卒業。岩波映画製作所、テレビ東京での勤務を経て1977年フリーのジャーナリストに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。政治・経済・メディア・コンピュータなど、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。著書に『日本の戦争』(小学館)、『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』『大宰相 田中角栄 ロッキード裁判は無罪だった』(講談社)など多数。近著に『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)がある。

    著者紹介

    日本経済新聞記者

    京都府出身。1991年早稲田大学大学院政治学研究科修了、日本経済新聞社入社。東京経済部で財務省、総務省などを担当。金融、エレクトロニクスの取材を経て、産業部エネルギー記者クラブ時代は石油業界の再編、アラビア石油の権益問題などを取材した。著書に『田中角栄のふろしき 首相秘書官の証言』『ビール「営業王」社長たちの戦い 4人の奇しき軌跡』(日本経済新聞出版社)、『負債650億円から蘇った男 アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)。近著に『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)がある。

    著者紹介

    連載令和の時代に田中角栄首相だったら?新「田中角栄論」

    本連載は田原総一朗氏、前野雅弥氏の著書『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    田中角栄がいま、首相だったら

    田中角栄がいま、首相だったら

    田原 総一朗 前野 雅弥

    プレジデント社

    2022年は、田中角栄内閣が発足してからちょうど50年にあたる。田中角栄といえば、「ロッキード事件」「闇将軍」といった金権政治家のイメージが強いが、その一方、議員立法で33もの法案を成立させたり、「日本列島改造論」に代…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ