「失敗は恥だ」…現代日本が「イノベーション国家」になれない決定的要因 (※写真はイメージです/PIXTA)

科学啓蒙家のマット・リドレーは、イノベーションを「人間バージョンの自然淘汰」と表現しました。生命が未来を予測し、それに備えて何かを目指して自ら進化するなどということはありません。生物は環境とのランダムな応答のなかで漸進的に変化し、それを自らの体に組み込んで生き延びていくだけです。人間の社会も同じです。次の社会のありようを先読みして、それにフィットするような進化を計画し実行することなど決してできません。不確定な世界の中でイノベーションを起こすには、どうすればよいのでしょうか?

私たちは根源的に不確定な環境のなかに生きている

不確定性は物理学において明確に証明されています。

 

1927年ドイツの物理学者ヴェルナー・ハイゼンベルクは、ある現象を観察し測定するということはどういうことかを突き詰めていきました。

 

電子などの素粒子を観察するためには、外部から光を当てる必要があります。その位置を見るためにそこにいるかどうか、光を当てなければならないのです。しかしその光によって電子は動かされてしまい、電子が最初にもっていた運動量(動き)に影響を与えてしまいます。つまりミクロな世界では粒子の位置と運動量の両方を完全に測定することはできないということが明らかにされました。

 

このようにハイゼンベルクは観察という概念で測定限界から不確定性があると推定したのですが、その後も発展を続けた現在の物理学では本質的に世界は不確定性をもっている、つまり同時に確定できない物理量があると考えられています。要するに位置と運動量が両方確定している状態はミクロには存在しないということです。ミクロの世界は本質的に不確定であり、未来は何一つ決定されてはいないのです。

 

オーストリア出身の理論物理学者、エルヴィン・シュレーディンガーもほぼ同時期に量子力学につながる「波動力学」を提唱しました。量子力学の発展に貢献したとしてノーベル物理学賞も受賞している人ですが、「シュレーディンガーの猫」と呼ばれる思考上の実験が有名です。

 

外からは中が見えない箱を用意し、その中に放射性物質と放射線の検出装置、それと連動した毒ガス発生器を入れます。放射性物質が原子崩壊を起こし、それを検出装置がキャッチすると信号が送られて毒ガスが出るという仕組みです。1時間当たりの崩壊確率は50%です。その箱に生きた猫を入れ、蓋を閉じ、1時間後に猫が生きているか死んでいるかを、外から決めることができるだろうかという思考実験でした。

 

猫の生死は観測者が箱を開けてみるまでは分かりません。そのことをとらえてシュレーディンガーは箱の中にいるのは生と死の状態を半分ずつ重ね合わせた「生死まだら」という奇妙な存在としての猫だとして、量子力学の「観測し得ない不確定な世界」の存在を分かりやすいパラドクスで紹介しました。

 

世界の現象は本質的に常に不確定性が伴います。それゆえ、すべてを確定する代わりにおおよそどのあたりに、どの確率で観測対象が存在しているかということを理解する――これが量子力学なのです。量子力学の原理は人間の日常生活の常識的感覚では理解できません。

 

しかし宇宙の原理として根源に不確定なものが存在していること、それに基づいた物理学が成立するということは明らかです。実際、量子力学を前提として開発されたものは、すでに私たちの生活に欠かせないものとなっています。コンピュータに使われる半導体はもちろん、レーザーやスマートフォンなども量子力学の理論に従ったものです。

 

アインシュタインは「神はサイコロを振らない」と語り、量子力学の確率論的解釈に反論しました。世の中の物事にはすべて法則性があって、それに則ってすべてが確定的に動いていると主張したのです。しかし世界を構成しているミクロの世界の挙動は、不確定で確率的なものでしかないことは実験で証明されています。アインシュタインの希望に反して「神はサイコロを振る」ということこそ量子力学が明らかにした世界の根源的原理でした。

あなたにオススメのセミナー

    早稲田大学ベンチャーズ 共同代表 京都大学博士

    京都大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻/助教を経て、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて研究に従事。2010年より、マッキンゼー・アンド・カンパニーに参画。2016年より、ドローン関連スタートアップである株式会社自律制御システム研究所(現社名:株式会社ACSL)に参画、代表取締役社長として2018年東証マザーズ上場(CEO、会長を経て2022年3月退任)。

    2021年、早稲田大学総長室参与(イノベーション戦略)。2022年より、早稲田大学ベンチャーズ(WUV)共同代表。

    著者紹介

    早稲田大学ベンチャーズ 共同代表 

    オックスフォード大学理学部物理学科卒業(MA Oxon)後、1994年に三井物産株式会社入社、日米でベンチャーキャピタル事業に従事。2008年、株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)参画。2009年、取締役パートナー就任。UTECではIT分野を中心とするシード/アーリーステージ投資を担当したほか、グローバル戦略にも注力。産業用ドローン開発の株式会社ACSLや知能化産業用ロボット開発の株式会社Mujin等の創業期に投資し社外取締役を歴任。Forbes JAPANが日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)の協力のもと、毎年行っている「日本版MIDAS LIST」日本で最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング2019年度1位。

    2020年にUTEC退任後、2021年より、オックスフォード大学経営大学院在籍(エグゼクティブMBAオックスフォード・アラムナイ・スカラー)、早稲田大学総長室参与(イノベーション戦略)。2022年より、早稲田大学ベンチャーズ(WUV)共同代表。

    著者紹介

    連載イノベーションの不確定性原理

    ※本連載は、太田裕朗氏・山本哲也氏による共著『イノベーションの不確定性原理 不確定な世界を生き延びるための進化論』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    イノベーションの不確定性原理 不確定な世界を生き延びるための進化論

    イノベーションの不確定性原理 不確定な世界を生き延びるための進化論

    太田 裕朗
    山本 哲也

    幻冬舎メディアコンサルティング

    イノベーションは一人の天才による発明ではない。 そもそもイノベーションとは何を指しているのか、いつどこで起き、どのようなプロセスをたどるのか。誕生の仕組みをひもといていく。 イノベーションを創出し、不確定な…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ