【不動産売買の罠】売主が仲介業者の「いいカモ」にされるワケ

不動産を売却するなら、少しでも高く売りたいと思うもの。しかし、知識のない一般人が思い通りの結果を得るのは至難の技です。本記事では、実家の売却を考えている若い会社員と、不動産売買の秘密を教えてくれる、小さなおじさんの姿をした不思議な家の精霊「家の精」とのコミカルな会話を交えつつ、不動産業界のウラや売買のヒントをやさしく解説します。ここでは、なぜ売主が不動産業者の「カモ」にされてしまうのか見ていきます。

不動産は「一生に何度も買う」ものではないので…

普段の生活のなかで購入する日常的な商品であれば「前にここで買ったら品質が悪かったから、次は違うところで買おう」とか「広告ではいいことばっかり書いていたが、実際に行ってみたら大したことはなかった」というように、経験を積み重ねながら対処法を身につけ、買い物の精度は上がっていくものです。

 

しかし、不動産取引というのは一生に一度あるかどうかの大イベントです。「今回は失敗したけど次からは気をつけよう」とはいきませんし、一度契約したら「価格に満足いかないから、やっぱり返金してほしい」は当然通用しません。失敗の許されない、取り返しのつかない取引なのです。

 

売主には経験もなければ適切な対処法も身についていません。この事実があるからこそ、一部の不動産仲介業者は顧客である売主の知識と経験不足を逆手にとって、自分たちの利益を優先した手口を駆使し、「いい価格で取引ができましたね!」と調子のいいことを言って、売主をカモにしています。

 

アサミ:私も不動産の知識ゼロだったから、不動産屋さんの言うことに「そういうものか」と納得して、契約しちゃったわ。

 

家の精:契約はその場の勢いで決めるのではなく、一度持ち帰って自分なりに知識を身につけてから最終決断をすることが重要だ。

「早く売ってしまいたい」という焦りに付け込まれる

売主が仲介業者のカモになってしまう理由として、早く売ってしまいたいという焦りの気持ちが挙げられます。

 

売主は、現金が欲しいか不動産に関わるトラブルを回避したいがために、不動産を売ることを急いでいます。例えば不動産の買い替えがしたかったり、共有状態を解消したかったり、相続税の支払いが必要だったりといった事情から、短期間での売却を希望しています。

 

いずれにしろ「早く現金化したい」という気持ちが先走っている傾向にあるため、「ちょっと安くてもいいや」と妥協心理が働きがちです。

 

しかしその「ちょっと安く」というのも、例えば「7000万円の希望額だったものが6800万円の売却価格で決着した」というような減額で、数百万円も下がってしまうケースが多いのです。

 

不動産という大きな価値をもつものの取引のために金銭感覚が麻痺しがちですが、数百万円であれば車が買えてしまう差額です。本来の感覚でいえば、絶対に阻止したいレベルの値下げ額だと思います。

 

悪質な仲介業者というのは、こういった顧客心理を十分に熟知しています。相続税が必要とか離婚して財産分与しなければいけないとか、顧客の弱みに付け込んで仲介業者が主導権を握れるよう営業を仕掛けていきます。双方代理も囲い込みもお手のものです。

 

仲介業者は別段、個々で特殊な技能をもっているわけではないのです。いくつもの経験を積み重ねて蓄積した、自社が利益を最大限に得るためのノウハウをもっていて、これを担当者全員で共有しています。すなわち、売主にとって「思っていたより高く売れなくなった」という結果になったとしても、後腐れのないように終わらせる術を身につけているわけです。

 

アサミ:私も、家の精の助言がなければ、不動産屋さんの手口に気づくことなく、取引を進めていくことになっていただろうなあ。

 

家の精:そう。こちら側に知識や経験がないから、不動産仲介業者のいいカモにされてしまうんだ。

 

 

露木 裕良
一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
「不動産高く売りたい.com」 サイト運営

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
「不動産高く売りたい.com」 サイト運営 

神奈川県出身。
1985年大学卒業後、ハウスメーカーの現場監督として就職。1989年建設業を起業。
独立以後、木造住宅、分譲住宅、店舗、造成土木工事、アパート、マンションなど200棟以上を建築し、住宅に係るすべての事業を経験。2004年より「新築大家さん」を開始。
著書に『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)、共著書に『不動産投資は儲からない』(ジュリアン)がある。

不動産のオークションジャパン
http://fudosan-japanauction.jp/seller

著者紹介

連載オークションで不動産を高く売る方法

ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

露木 裕良

幻冬舎メディアコンサルティング

早く確実に売り切りたい 物件情報を広範囲に発信したい 市場価格より高値で売却したい 売主の希望を最大限叶える不動産売却方法とは―― 物件を高く売りたい――不動産を所有している人であれば誰でも思うことです。 しか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ