「あなたの不動産、高く売ります」…一括査定サイトのリスク

不動産を売却するなら、少しでも高く売りたいと思うもの。しかし、知識のない一般人が思い通りの結果を得るのは至難の技です。本記事では、実家の売却を考えている若い会社員の「ミツウラアサミ」と、不動産売買の秘密を教えてくれる、小さなおじさんの姿をした不思議な家の精霊「家の精」とのコミカルな会話を交えつつ、不動産業界のウラや売買のヒントをやさしく解説します。

インターネットの「簡単一括査定」に潜むリスク

近年、家を売ろうと思った人が最初に行う傾向にあるのが、インターネットでできる「簡単一括査定」です。

 

いちいち不動産会社ごとに査定を依頼することなく、一括査定サイトを訪問し、フォームに所有者と不動産の情報を入力することで、数社がはじき出した査定価格を、いともたやすく入手し比較できるのですから、一見これほど便利な話はないように見えます。しかも無料というのですから驚きです。

 

しかし一方で、一括査定に伴う「リスク」も十分に考慮しなければなりません。一括査定の依頼をするのと引き換えに「自身の情報を提供してしまっている」というリスクです。

 

そもそも、なぜこのような一括査定サイトが利用料ゼロで運営できるのかというと、売主の入力によって得られた個人情報と不動産情報を、不動産関係の業者に提供することで、見返りの報酬を得ているからです。

 

私がかつて独自に調べたところによると、不動産関係の業者は一括査定サイトに、1物件あたり1万5000円から2万円ほどを支払い、顧客情報を受け取っているようです。名簿取得料と思えば安いものなのでしょう。

 

一括査定サイトに情報を入力した途端、業者の営業が直接訪ねてきたり、ダイレクトメールや電話がひっきりなしに来たり、というケースも頻繁に耳にします。ストーリーの主人公もその餌食となってしまいました。

 

一括査定サイトに頼る際は、これらのリスクを十分に熟知し、「それでもやはり不動産の査定価格を数社で比較したい」と覚悟してから、情報を入力するようにしましょう。

 

ただ、一括査定サイトに加入している不動産業者は、少しでも多くの顧客を得たいがゆえに、購入価格を高めに設定して、見栄えのいい査定を売主へ提出する傾向のようです。

 

最終的には「この価格だと厳しそうなので、値下げしましょう」と妥協案を業者から提案され、「ここまでいろいろとやってきてもらったから」という心情もあって、売主は業者の値下げ案を呑んでしまいがちです。これでは一括査定の意味などなかったことになります。

 

結局のところ一括査定サイトは売主側にとって、さほど利便性や有益性に優れているものではないといえます。

 

アサミ:インターネットで「一括査定」と検索すると「全国○社の査定であなたの不動産がいくらで売れるか比較」「最短○秒一括査定」なんて広告を見かけるけど、良さそうと思ってすぐに情報を入れるのは危険なのね。

 

家の精:たとえ100社で査定できるのが売りでも、全国に買取業者なんて何千何万もいるわけで、ほかにもっと高値売却にチャレンジしてくれるところがあるかもしれんしな。あと、「最短60秒査定」といった広告も、情報を入力するのが最短で60秒で済むってだけの話で、すぐに売却価格が分かるわけでもない。一括査定サイトのリスクは十分に心得ておくべし!

担当営業は「高く売れますよ!」というが…

◆専任媒介契約

 

家の精のアドバイスを参考にしながら、いくつか近所の不動産屋さんを訪れ、実家の査定をしてもらいました。そのなかで、最も高値を提示してくれ、担当者も親しみやすく信頼できそうな「オダテル不動産」を再び訪れることになりました。

 

家の精は実家の土地からは出られないため、外では私一人。またしつこい営業を受けないか不安ですが、「向こうからオファーがあっても、その場で承諾しないように」という家の精の助言を胸に刻みながら、担当者であるヤマダさんとの面談に臨みました。

 

アサミ:え! 3000万円もいけそうなんですか。査定では2700万円ということでしたよね!?

 

ヤマダ:はい! あのあと、ミツウラ様のご自宅に関してさらに社内で多角的に検証してまいりました。そうしましたところ、周辺の建設計画について、ミツウラ様のご自宅から歩いて5分くらいのところに、大手の複合商業施設がオープン予定だと判明しました。

 

アサミ:(そういえばちょっと前に、一気に空き地になって開けた場所があったな)

 

ヤマダ:この建設計画を販売材料に盛り込めば、さらに不動産の価値は高まると考えた次第です。

 

アサミ:(3000万円で売れれば、私と兄さんとで1500万円ずつ。実家を売るのにはまだ抵抗感があるけど……この額なら納得できなくもないな)

本当に3000万円で売れるんですね!?

 

ヤマダ:確実、とは現段階では言えませんが……土地の将来性を加味しながら、査定時に出させていただいた額以上に売れるよう、我々も動いてまいりたいと考えております。ぜひ当社とご契約いただいて、販売に力を入れさせていただければと思っています。

 

アサミ:はい、ぜひよろしくお願いします。

 

ヤマダ:つきましては、本日は契約書を含めた諸々の手続きなどさせていただければと思っておりまして。

 

アサミ:(店舗の中も雰囲気いいし、担当の人も信頼できそうだし。それに売却価格も十分納得できなくもない価格だもんな。兄さんからは早く売れって迫られて方法は一任されてるし、今ここで契約しちゃっても問題ないかも)

契約というのは、どういったものなんですか?

 

ヤマダ:はい、専任媒介契約というものでして、これを締結しますと、当社ではミツウラ様のご売却物件の販売に、より一層の力を入れることができます。契約形態はほかに一般媒介契約もあるのですが、いろいろ縛りが出てきてしまい、ご希望に添った価格での売却や、迅速な売買取引が困難となってしまうのです。専任媒介契約でしたら、チラシ制作や営業回りなど、手間ひまをたくさんかけて販売に携わることができます。買主様を迅速に見つけることができますし、できるだけ高い売却価格を目指せるというわけです。

 

アサミ:へー。専任媒介契約だと、至れり尽くせりなんですね。

 

ヤマダ:はい、詳しくは担当の者から説明いたします。そのあとに締結させてくださいませ!

 

アサミ:(結局その場のノリというか流れで契約しちゃったけど、たぶん大丈夫よね。高い価格で売れるように頑張ってくれるみたいだし……家の精には事後報告になっちゃうけど)

 

【8月25日(木)開催セミナー】
エリア権の獲得は早いもの勝ち!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力

一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
「不動産高く売りたい.com」 サイト運営 

神奈川県出身。
1985年大学卒業後、ハウスメーカーの現場監督として就職。1989年建設業を起業。
独立以後、木造住宅、分譲住宅、店舗、造成土木工事、アパート、マンションなど200棟以上を建築し、住宅に係るすべての事業を経験。2004年より「新築大家さん」を開始。
著書に『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)、共著書に『不動産投資は儲からない』(ジュリアン)がある。

不動産のオークションジャパン
http://fudosan-japanauction.jp/seller

著者紹介

連載オークションで不動産を高く売る方法

ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

露木 裕良

幻冬舎メディアコンサルティング

早く確実に売り切りたい 物件情報を広範囲に発信したい 市場価格より高値で売却したい 売主の希望を最大限叶える不動産売却方法とは―― 物件を高く売りたい――不動産を所有している人であれば誰でも思うことです。 しか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ