20歳を過ぎると年約1%の筋肉が減少し、体脂肪が増える恐怖 (※写真はイメージです/PIXTA)

20歳を超えたら、筋肉は待ったなしで落ちていきます。加えて、階段を使わない、食事は宅配、掃除もロボットにお任せなど、体を使わない生活にどっぷりつかっていれば、気づいたらお腹ぽっこりの中年体形に。パーソナルトレーナーとして25年の経験の中野ジェームズ修一氏が著書『やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則』(飛鳥新社)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

人は20歳を境に自然と筋肉量が落ちていく

▶Q:筋トレはいつから始めると効果的?

A:今この瞬間から
B:代謝が上がりやすくなる春から

 

イラストレーション=斉藤ヨーコ、中野ジェームス修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。
イラストレーション=斉藤ヨーコ、中野ジェームズ修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。

 

正解はこっち! A:今この瞬間から

 

■若いほうが効果は出やすい。そして今、この瞬間が一番若い。

 

人はまったく運動をしていないと、20歳を境に、年々、約1%の割合で筋肉が減少していきます。

 

代わりに増えていくのが体脂肪。ざっと計算すると、年1㎏ずつ増えることになります。

 

このペースで10年、20年と体脂肪が増え続けることを考えると、本当にオソロシイと思いませんか?

 

筋肉の素晴らしいところは、何歳から始めても鍛えられる、という点。

 

筋肉がつくスピードは10代、20代のうちがもっとも早いのですが、筋肉量は60代でも70代でも、90代になっても、筋トレを続ければ間違いなくアップします。

 

冒頭でもお話ししたとおり、人は20歳を境に自然と筋肉量が落ちていきます。ですから、筋トレを始めるのであれば、筋肉量がもっとも多い「今」がベストタイミングです。

 

さらに、筋肉は“貯筋”できます。一度筋肉をつけると、運動をやめたあとも、体に「筋肉があったこと」が記憶されます。これは「マッスルメモリー」といって、筋トレをやめた時期があっても、再び鍛えることで筋肉の記憶がよみがえり、ゼロから鍛えるよりも短期間で、元の筋肉量を取り戻せるのです。

 

ということは、今のうちに少しでも筋肉をつけておけば、後々、楽ができますよね。

 

20歳を超えたら、筋肉は待ったなしで落ちていきます。加えて、階段を使わない、食事は宅配、掃除もロボットにお任せなど、体を使わない生活にどっぷりつかっていれば、ドドドドドと、山肌を転げ落ちる勢いで落ちていきます。

 

結果、気づいたらお腹ぽっこりの中年体形に。それどころか、メタボリックシンドロームになったり、自分の脚で歩けなくなる恐れもあります。

 

筋トレは、思い立ったが吉日です。のんびりと暖かい季節を待つよりも、1日でも早く始めるほど、効率よく鍛えられます。「やってみようかな?」と思ったら、腹筋でもスクワットでもOK。今すぐできそうなトレーニングから始めてみてください。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/17(水)19:00~開催決定
勤務医ドットコムが医師の節税・資産形成のご提案
最新「IoT投資用不動産」で利回り7%以上!

【医師限定】緊急オンラインセミナー 詳しくコチラ>>>

PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
米国スポーツ医学会認定運動生理学士
(株)スポーツモチベーション 最高技術責任者
(社)フィジカルトレーナー協会(PTI)代表理事

「理論的かつ結果を出すトレーナー」として数多くのトップアスリートやチームのトレーナーを歴任。とくに卓球の福原愛選手やバドミントンのフジカキペア(藤井瑞希選手・垣岩令佳選手)、マラソンの神野大地選手の個人トレーナーとして広く知られている。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化も担当。ランニングなどのパフォーマンスアップや健康維持増進のための講演、執筆など多方向で活躍。近年は超高齢化社会における健康寿命延伸のための啓蒙活動にも注力している。自身が技術責任者を務める東京都・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」は、無理なく楽しく運動を続けられる施設として、幅広い層から支持を集め活況を呈している。主な著書に『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)、『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)などベストセラー多数。

著者紹介

連載理想の身体を手に入れる「失敗しない」法則

本連載は、中野ジェームズ修一氏の著書『やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則』(飛鳥新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則

やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則

中野ジェームズ修一

飛鳥新社

ダイエットを始めた日本人の8割以上が挫折する、という残念な調査結果もあります。おそらく、過去、何度もダイエットに失敗した経験を持つ方はたくさんいらっしゃるでしょう。 しかし、長年の経験をもとに、著者は断言します…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ