羨望の「ハワイ・ホテルコンドミニアム所有者」…投資として正解と言えるのか? (※写真はイメージです/PIXTA)

日本人に大人気のホテルコンドミニアム。「ハワイのリッツカールトンやトランプタワーなど、ビッグブランドが運営しているホテルコンドミニアムに投資をしませんか?」などと投資対象になっている場合が多いです。現在、日本でも沖縄にホテルコンドミニアムの開発がどんどん進んでいますが、はたして投資効果はどのくらいなのでしょうか。疑問を紐解いていきます。

ホテルコンドミニアムへ投資するとどうなる?

ホテルコンドミニアムとは、簡単に言えば分譲ホテルです。大きなホテルの一室の所有権を購入者が得ることになります。日本でもタワーマンションの一室から区分収入を得ることができますが、それのホテルバージョンにあたると考えればよいでしょう。

 

そのような分譲ホテルの所有権を買うと、オーナーとしてホテルの一室を所有することになります。

 

もちろん、自分の部屋になるので使おうと思えばオーナー自身も使うことができます。ただ、常にその部屋に住み続けるわけではないので、オーナーの不在時にはホテルとして稼働させます。その時にリッツカールトンやトランプタワーといったビッグブランドがホテルの運営会社として委託されるのです。

 

もちろん、ホテルとして稼働させた場合は宿泊費として売り上げが出ます。その中からオペレーションなどの費用を差し引いたお金が、配当としてオーナーに戻されることになります。配当が発生するので、購入価格と配当金を比較することで収支やCap Rate(利回り)が算出されます。

 

ホテルコンドミニアムの人気が高い理由の一つは、あけすけに言えばかっこいいからです。

 

例えば、「俺、ハワイのリッツカールトンを持ってるんだよね~」と言えば「すごいですね社長!」……、という流れになるのは想像に難くありません。

 

投資というよりむしろ”羨望“を求めている側面もあります。そのため、「ある会社経営者がリッツカールトンを買ったから自分も」といった理由で買う方もかなり見受けられます。

「ホテルコンドミニアムへの投資は儲かるのか?」

とはいえ、ホテルコンドミニアムという不動産に投資をするわけなので、最終的に「ホテルコンドミニアムへの投資は儲かるのか?」という点が気になるポイントになります。

 

そこで居住用の不動産とホテルコンドミニアムの収支を比較していきましょう。

 

居住用不動産(以下、居住用)はシアトルの1棟アパート、ホテルコンドミニアムはハワイにある某ビッグブランドで、それぞれ物件価格は200万ドルのもののデータを参照します。すると、居住用とホテルコンドミニアムでは明らかに違うポイントが5つあります。

 

①稼働率

②宿泊単価(賃料の単価)

③オペレーティング費用

④共有部費用

⑤税金

 

それぞれについて違いを詳しく見ていきましょう。

クレディ・テック株式会社 代表取締役

海外不動産投資における圧倒的な口コミ評価・相談リピート件数を誇る第一人者。不動産取引における「騙し」を無くすために、公平・透明なアドバイスを行う。

外資系金融機関にて年間100社の財務コンサルティング経験、法人の税務・会計知識を習得。その後、不動産コンサルティング会社にて先進国不動産事業を立ち上げ、総額$150MMの売買取引に携わる。

上場企業との米国不動産プロジェクト推進、不動産会社の米国進出コンサルティング、英国での法人設立など豊富な知見を持ち、自身でも複数国に不動産を有する。

海外不動産投資を動画でわかりやすく発信するメディア『海外不動産のホントのトコロ』(https://credi-tech.co.jp/article/)

YouTubeチャンネル『海外不動産のホントのトコロ』 (https://www.youtube.com/channel/UCDq3bojqCvTnRXKu7Aur_Kg)

著者紹介

連載投資のプロが語る!海外不動産のホントのトコロ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ