「高年齢者雇用安定法」改正…定年後の働き方はどう変わるのか (※写真はイメージです/PIXTA)

2021年4月、「高年齢者雇用安定法」が改正されました。以下の努力目標が儲けられました。①70歳までの定年引上げ、②定年制の廃止、③70歳までの継続雇用制度の導入、④70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度導入、です。セカンドキャリアコンサルタントの高橋伸典氏が著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

定年後の3つの働き方

2021年4月に「高年齢者雇用安定法」が改正になりました。その背景には、今後の定年後の働き方が示唆されています。

 

主な改正点としては、以下の努力目標が設けられました。①70歳までの定年引上げ、②定年制の廃止、③70歳までの継続雇用制度の導入、④70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度導入、です。

 

これに対し、国、個人、会社の思いはどうでしょうか? 国としては、長寿社会を支えるために、定年後も年金に頼らず働いてほしいところです。

 

個人の思いはどうでしょうか? ①贅沢は言わないけれど、生涯楽しく、安定した生活を送るだけのお金を確保したい、②体のこともあるのでフルタイムで雇われるのでなく、自由度が高い働き方をしたい、③いつまでも人との関りをもっていたい。孤独になるのは寂しい、というところだと思います。

 

会社側の思いはどうでしょうか? ①高年齢者を雇うのは経費がかかり、人数も多くなると予算が圧迫される、②雇用が義務化されると、雇用に伴って管理することが増えるのでできれば避けたい、③長い在籍中につちかってきた知識・スキル・経験を活かし、それを若い世代に継承してほしい、という思いでしょう。

 

この国、個人、会社の思いを満たす方法はあるのでしょうか?

 

江戸時代から、近江商人は「三方よし」買い手よし、売り手よし、世間よしと、皆が幸せになる商売哲学で信用を獲得してきました。これと同じことができれば、国、個人、会社が望む、幸せな働き方ができると思うのです(図表1参照)。

 

出所:髙橋伸典著『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)より
[図表1]3者の思い 出所:髙橋伸典著『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)より

 

この「三方よし」の働き方はいかなるものか? 定年後の働き方としては、大きく分けて①再雇用、②再就職、③独立(個人事業主)・起業(法人設立)、の3つがあげられます。

 

多くのサラリーマンは定年後、再雇用の道を選ばれると思います。現役時代に知人からの誘いがあったり、ニーズのある専門性をお持ちの場合は再就職の道も開かれるかもしれません。また、自分の知識・スキル・経験を活かして独立または起業される場合もあるでしょう。

 

本連載では再雇用・再就職の道を選んでも、いずれ自分の得意なこと、好きなことを活かして独立し、望めば生涯現役で楽しく働ける道を模索していきたいと思います。

 

その一つのモデルケースとして、再雇用中、再就職中に専門性を高めながら、今の会社と「業務委託契約」を結び個人事業主として仕事を継続する。あるいは再雇用中に副業などを経験しながら、再雇用が終了した後の仕事を模索することがあげられます(図表2参照)。

 

出所:髙橋伸典著『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)より
[図表2]目指すべき仕事 出所:髙橋伸典著『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)より

 

再雇用、再就職中に副業や業務委託契約の仕事を通じ、いろいろ仕事を試してみることで、生涯に渡って取り組むべき仕事をみつけていきます。図表2で言うと、一番上になりますが個人事業主として独立したり、法人格をもって起業したりすることを目指します。

 

どの道においても自律した自分、社会貢献をする自分であることが望まれます。ではどのようにして自分に合った道を見つけていくのか、その具体的な方法を紹介していきます。

 

<ポイント>
生涯現役で働くために、専門性を高め、活かしていくことを目指していこう。

 

あなたにオススメのセミナー

    セカンドキャリアコンサルタント
    モチベーション総合研究所代表/東京定年男女の会主宰
     

    1957年兵庫県生まれ。同志社大学を卒業後、34年間製薬会社で営業、人事、社員教育を担当する。57歳で早期退職し再就職するも、多くのつまずき、苦労を経験する。しかし試行錯誤を重ねることで乗り越え、リスクなく独立する道をつかみ取る。この定年活動がマスコミに注目され、TBSテレビ『ビビット』「定活」特集に出演、『サンデー毎日』『産経新聞』他、多くのメディアに掲載される。

    モチベーションを高め、セカンドキャリアに自信を持たせる研修講師として5,000人の受講者に明るい未来と希望を与え、行動変容につなげてきた。特に、東京都主催の「東京セカンドキャリア塾」などで行った自らの定年活動の苦労体験に基づくセミナーは、受講者から「多くのサラリーマンの実態が反映されていて納得かつ共感を覚えた」「アドバイスが具体的なので、すぐにでも実践できる」と好評を博している。また、「東京定年男女の会」を主宰し、定年活動、セカンドキャリアのサポートを行っている。現在は全国のシニアに向け、定年活動に役立つ情報を発信し続けている。

    WEBサイト(⇒https://www.takahashinobunori.com/)

    著者紹介

    連載3大リスク「お金、孤独、健康」の不安を取り除く定年の教科書

    ※本連載は、髙橋伸典氏の著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    髙橋 伸典

    日本能率協会マネジメントセンター

    この一冊で定年後の不安を払拭! 定年後の3大リスク(お金/仕事、孤独、健康)に対し、具体的に乗り越える方法を提示。定年後、どのようにすればいいか不安を抱えている人に贈る指南書です。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ