外国人観光客のマスク着用は現実的なのか…観光業回復のため、選ばれる渡航先となるには (写真はイメージです/PIXTA)

いよいよ、外国人観光客の受け入れが再開されましたが、外国人のマスクの着用は現実的といえるのでしょうか? ニッセイ基礎研究所の渡邊 布味子氏が解説します。

1. はじめに

政府は2022年の6月10日より、外国人観光客の入国制限を見直し、旅行代理店等を受入責任者とする添乗員付きパッケージツアーの受入れを開始した。

 

2022年5月12日には国内の観光関連産業から「水際対策緩和に関する要望書」が国土交通大臣に提出され、5月17日にはシンガポールで行われた航空サミットで、アジア太平洋の地域の回復が遅い*1原因に「ゼロコロナ政策を続ける中国と、外国人受け入れ再開に明確な計画を持たない日本が、他エリアとの格差を生んでいる」と名指しされた。制限付きではあるが、この短期間で制限緩和の姿勢を示せたことは、経済の観点から見ると歓迎すべきことではないだろうか。

 

*1:渡邊布味子『日本のホテル市場の回復は世界に遅れるのか-今年はさらに国別の回復速度の違いが拡大』(ニッセイ基礎研究所、基礎研レポート、2022年02月28日)

2. 世界の水際対策の緩和状況

しかし、海外の状況をみると、水際対策緩和の流れは日本の先を行っている。国連世界観光機関(UNWTO)と国際航空運送協会(IATA)の公表によると、「外国人の入国に制限が何もない国」は2022年3月14日の8カ国・地域から、2022年6月1日の46カ国に増加した。うち31カ国(G7のうちドイツ、イタリア、英国を含む)がヨーロッパに位置しており(図表1)、観光大国であるフランス、スペインも、陰性証明の義務化などの一部制限があるものの、外国人の入国制限、検疫、待機期間は解除されている。現在、ヨーロッパは最も開放的なエリアであると言えるだろう。

 

アジア太平洋では4か国・地域(モンゴル、アフガニスタン、ベトナム、北マリアナ諸島(サイパンなど))が水際対策を撤廃している。アジア太平洋内の観光大国は中国、日本、タイであるが、中国と日本が外国人に対して排他的な対応を取るなか、タイはヨーロッパの観光大国に近い対応を取っている。

 

【図表1】外国人の入国制限のない国の数 (全世界、エリア別、2022年6月5日現在)

 

日本政策投資銀行の調査*2では、コロナ後、次に海外旅行したい国・地域の1位は日本であるが、日本を選択した理由の1位は「以前も旅行したことがあり、気に入ったから」であることにも着目したい。

 

コロナ禍以前のインバウンド客数(2019年)のうち、ヨーロッパ国籍の客は、日本が全体の6%(約199万人)であるのに対し、タイは17%(約671万人)と、割合も客数も多い(図表2、3)*3。タイを訪問した外国人が、タイを気に入ったのであれば再訪需要が期待できる。これに制度の違いが加わり、アジアを渡航先に選ぶ観光客の多くを、タイが取り込んでいく可能性が高まるのではないだろうか。

 

左【図表2】タイの外国人観光客数(国別、エリア別 2019年)
右【図表3】日本の外国人観光客数(国別、エリア別2019年)

 

*2:株式会社日本政策投資銀行、公益財団法人日本交通公社「アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(第3回 新型コロナ影響度 特別調査)」2022年2月28日

*3:図表2、3の東アジアは日本、中国、香港、韓国、台湾である。また、図表3のASEAN(※)については相対的に訪日客数が多いタイ、シンガポール、マレーシア、 インドネシア、フィリピン、ベトナムの合計値を採用している。

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

 

ニッセイ基礎研究所 金融研究部准主任研究員

2000年東海銀行(現三菱UFJ銀行)入行2006年。総合不動産会社に入社。2018年5月より現職

・不動産鑑定士
・宅地建物取引士
・不動産証券化協会認定マスター
・日本証券アナリスト協会検定会員

著者紹介

連載ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト

※本記事記載のデータは各種の情報源からニッセイ基礎研究所が入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本記事は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
※本記事は、ニッセイ基礎研究所が2022年6月10日に公開したレポートを転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ