セレブの街・港区白金が「旅客機飛行ルート」下に…〈2020年の運行以後〉の土地価格に衝撃 (※写真はイメージです/PIXTA)

2020年春から羽田空港の「新飛行ルート」の運行がはじまりました。このルート下には港区内の高級住宅街もあり、航空機のエンジン音や落下物の懸念などで不動産評価の大幅下落の噂もあります。新飛行ルート運行開始から2年余り経過。土地価格の動向とともに、同エリアに物件を持つ不動産投資家に向けた対策も含めて検証します。

セレブの街を襲う「騒音公害」

[7/30]本記事の著者「ライフプランnavi」によるWEBセミナーが開催!
 都心のタワーマンションで構築する無敵の資産形成
~注目の「タワマン裁判」の影響は? …詳細はこちら >>>

 

東京オリンピック・パラリンピックを翌年に控えた2019年、Aさん(30代独身女性)は自宅マンション購入を考えはじめました。当時の不動産価格は高騰気味でしたが、オリ・パラに絡む市街地再開発に伴い、駅に近く商業利便性の良い場所に新築マンションが続々誕生していたのです。

 

候補は港区内の1LDKで、勤務先から近い「新橋」物件か、またはお洒落なセレブの街「白金高輪」物件のいずれかで考えていました。

 

新橋エリアの魅力といえば飲食店の多さです。深夜まで残業しても夕食難民になる心配はありませんし、何より街が賑やかで愉しげです。一方の白金高輪は古い町並みも所々に残る成熟した住宅地で、生鮮食品が豊富に揃う大型スーパーがあり、ファミリーはもちろん自炊派の単身者にも好まれています。

 

新橋物件の坪単価は550万円で、白金高輪物件の坪単価は600万円と少々高めです。Aさんは喧騒溢れる街中よりも静かな住環境を求めていたので、割高ではあるものの白金高輪物件を選ぶことにしました。

 

そこで新橋物件の営業担当者へ断りの連絡を入れたところ、「本当に良いのですか? 白金高輪はこれから大変ですよ」と言われたのです。何が大変なのか聞き返すと、担当者いわく「来年から羽田空港に着陸する旅客機が白金高輪上空を通過する新飛行ルートが運用されます。しかも飛行高度は600mと超低空なんですよ」とのことでした。

肩透かしに遭った新飛行ルート

ご希望の日時にオンラインでご参加可能【少人数制勉強会】
30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会 …詳細はこちら >>>

 

 

羽田空港には風向きに合わせて2通りの飛行ルートがあります。ひとつは千葉県・浦安沖から離陸し千葉県・木更津沖から着陸する「北風時ルート」と、もうひとつは木更津沖から離陸し浦安沖から着陸する「南風時ルート」です。

 

1時間当たりの発着回数は80回程度で、2020年のオリ・パラ開催に伴う外国人観光(インバウンド)需要増加を想定するとキャパシティが足りません。あらゆる検証を重ねた結果、南風時ルートの一部に東京都心上空を組み込むことで1時間当たりの発着回数を90回まで増やせることがわかりました。

 

そういった経緯で、2020年春から都心を飛ぶ新飛行ルートの運用が開始されることになったのです。残念ながら、新飛行ルートはコロナ禍の影響を受けて思い切り“肩透かし”を食らった格好になっています。この顛末に「運行する必然性があったのか?」「今後も運用を続けるべきなのか?」と疑問の声が絶えません。

 

羽田空港に着陸する旅客機が白金高輪上空を通過するのは南風時の15時から19時の間です。この時間帯は子どもたちの下校や夕飯の買物、仕事場からの帰宅タイミングと被ります。

 

18時の白金高輪駅前には、どこからか響いてくるジェット音に空を見上げ、巨大な機体を探す通行人の姿が数多く見受けられます。そして行政窓口には「轟音がうるさい」「落下物が心配」など地域住民の不安な声も多数寄せられているようです。

 

環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

https://lifeplan-navi.com/

著者紹介

連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

※本連載は、『ライフプランnavi』の記事を抜粋、一部改変したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ