急速な円安進行に一服感も、6月中に「1ドル135円」まで進む可能性【国際金融アナリストが解説】

6/7~6/13の「FX投資戦略ポイント」

急速な円安進行に一服感も、6月中に「1ドル135円」まで進む可能性【国際金融アナリストが解説】
(※画像はイメージです/PIXTA)

2022年3月から始まった「怒涛の円安相場」が一服し、落ち着いた動きをみせていた米ドル/円でしたが、足元では再び米ドル高・円安基調となっています。そのようななか、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、条件次第で一気に「1ドル135円まで米ドル高・円安が進む可能性があるといいます。詳しくみていきましょう

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      米ドルの短期的な「上がり過ぎ」は修正済みか

      これまでのように見ると、米ドル自体、そして米ドルが連動する傾向のある米金利も、米ドルが126円台まで反落した5月末にかけて、程度の違いはあるものの、それぞれ短期的な「上がり過ぎ」の修正が大きく進み、上昇が再燃しやすい状況となっていたことがわかるでしょう。

       

      こういったなかで、先週発表された米景気指標では、5月雇用統計のNFP(非農業部門雇用者数)など予想ほど悪化しませんでした。また、ISM製造業景気指数などは、前回よりむしろ改善する結果となりました。

       

      これらは、一部で浮上し始めていた米景気の先行き懸念を一服させる役割になったとともに、6月15日に予定されている次回FOMC(米連邦公開市場委員会)で、かねてからの予想通りに0.5%の利上げが行われるとの見通しを再確認させた可能性が高そうで、米ドルおよび米金利の上昇再燃を後押しすることになったのではないでしょうか。

      「為替介入」への警戒感再浮上も

      では、短期的な「上がり過ぎ」が修正された米ドルはどこまで上昇する可能性があるのか。

       

      米ドル/円の90日MAは先週末の時点で122.5円程度(図表5参照)。すでに見たように、経験的には90日MAを10%前後上回ると、短期的な「上がり過ぎ」の限界の可能性が高まります。

       

      (出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)
      [図表5]米ドル/円と90日MA(2021年1月~) (出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)


      先週末時点の米ドル/円の90日MAである122.5円を10%上回った水準は、122.5円×1.1=134.75円といった計算になります。その意味では、6月FOMCを前後して、先週のように米ドルや米金利の上昇を大きく阻害する材料がなかった場合は、一気に135円を目指す展開になる可能性すらあるのかもしれません。そうなると、再び日本政府の「円安阻止介入」が注目される可能性もあります。

       

      米ドル/円の5年MAは足元で110円程度なので、135円まで米ドル高・円安が進んだ場合は、5年MAかい離率がプラス20%を大きく上回る計算になります。1990年以降で、同かい離率が±20%以上に拡大した4回のケースでは、うち3回について為替介入が行われました(図表6参照)。

       

      (出所:財務省統計とリフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)
      [図表6]米ドル/円の5年MAかい離率と為替介入の関係(1980年~) (出所:財務省統計とリフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)

       

      以上のように見ると、米ドル/円がこの間の米ドル高値更新となった場合は、日本の円安阻止介入への警戒感も再燃し、米ドルは高値圏で一段と波乱含みの展開に向かう可能性があるのではないでしょうか。

       

       

      吉田恒

      マネックス証券

      チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長

       

      ※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

       

      【関連記事】

      税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

       

      年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

       

      夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

       

      恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

       

      親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

       

      「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

      あなたにオススメのセミナー

        人気記事ランキング

        • デイリー
        • 週間
        • 月間

        メルマガ会員登録者の
        ご案内

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        メルマガ登録
        TOPへ