資本流出の恐れも…東南アジア各国中銀、FRBと歩調を合わせるか【フィリピンの対応】 写真:PIXTA

ウクライナ問題や中国のロックダウンによって、世界的にインフレ圧力が強まっています。そのようななか、投資先としても注目されるフィリピンは? 一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が最新のフィリピン事情を解説します。

世界的に強まるインフレ圧力…東南アジアを襲う

\\8/6開催//
世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開
~狙われる富裕層…今からならまだ間に合う!2024年のXデーに備えよ!

 

ブルームバーグのアナリストによると、ウクライナでの戦争と中国でのロックダウンによって引き起こされた混乱は、東南アジアの景気回復を遅らせているといいます。たとえばシンガポールとタイは、中国の長期にわたるロックダウンの影響をより大きくうけるとみています。タイは中国からの観光客に大きく依存し、シンガポールは中国との貿易に大きく依存しているためです。

 

一方で、インドネシアとフィリピンは経済が内需主導型であるため、力強い回復を示す可能性が高いといいます。

 

また、ロシアのウクライナ侵攻によるロシアに対する制裁措置により、商品価格特に石油、天然ガスと穀物価格が上昇している現状は、低所得世帯の割合が高い国にとっては、大きな負担になっています。

 

このインフレ対策として、ブルームバーグ・エコノミクスは、FRBが2022年末までに政策金利を3.5%まで利上げを続けると予想。東南アジアでは、各国の中央銀行がFRBと歩調を合わせて利上げを行わないと、資本の流れが問題になる可能性があるとも述べています。

 

フィリピンは今般、インフレ率が目標をはるかに上回ったため利上げを開始しました。ブルームバーグでは、フィリピン中央銀行が2022年から2024年の間に200ベーシスポイント利上げすると予想しています。

フィリピン債務負担増大に公共事業中止も視野に

\\8/6開催//
世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開
~狙われる富裕層…今からならまだ間に合う!2024年のXデーに備えよ!

 

国家経済開発庁(NEDA)は、国の増大する債務負担を効果的に管理するために、どのインフラプロジェクトを継続、一時停止、キャンセル、または官民パートナーシップ(PPP)に転換するか検討する必要があるとの見解を示しました。

 

インフラプロジェクトへの巨額投資は、社会プログラムやサービスへの資金提供とのバランスをとらなければならないとも述べています。

 

シンクタンクのインフラウォッチは、マルコス新政権は、監査委員会によってフラグが立てられ、否定的な報告の対象となっているインフラストラクチャープロジェクトをキャンセルする必要があると述べています。

 

たとえば、フィリピン首都の2番目の水源として位置付けられているケソン州のダムプロジェクトを引用しています。州の監査委員会は、環境保護論者が停止を求めているこのダムプロジェクトへの競争入札において、中国企業に有利に働いたように見えるとの指摘をしています。プロジェクトの労働力のほぼ半分が中国人労働者である中国資金による橋梁建築のような案件は、新政府では許可されるべきではないとも付け加えています。

 

カルロス・G・ドミンゲス財務大臣は、大手上場ディベロッパー「メガワールド社」に対して、事業停止命令を出すという内国歳入局(BIR)地域事務所の計画には根拠がないと述べました。メガワールドの株価は、BIRが事業停止命令を出す計画との報道によって、5月17日に急落。メガワールドが監査に協力すると述べた後、この事業停止命令は取り下げられました。

 

上場企業に関する事項を公に発表することで、企業だけでなく株主にも大きな影響を与えることになり、早まった動きは正しくないと財務大臣は述べ、社会保障機構(SSS)と公務員保険機構(GSIS)はメガワールド社の株主であり、マイナスの影響を受けました。

 

メガワールドの株主は5月17日から23日までの間に、株価の下落により合計で約1億1,100万ペソの価値を失い、SSSとGSISの損失は約3,700万ペソになりました。

 

BIR は、メガワールドがタギッグ市の不動産の売却に関する取引に税金を支払ったかどうかを確認する監査を遵守することを拒否したことに起因する事業停止命令を主張しましたが、財務大臣は、メガワールドは、BIRのアクセスを否定しておらず、地方事務所の管轄権に疑問を投げかけているだけだと述べています。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ