本記事は、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社が5月17日に配信したレポートを転載したものです。

米国株の先行きの増益期待は引き続き健在

また、2022年5月にかけては米国企業の2022年第1四半期の決算発表が本格化しています。

 

全体としては利益が市場予想を上回った銘柄が全体の約8割を占める底堅い決算が続いており、米国株の先行きの増益期待も引き続き健在です(図表8)。

 

出所:ブルームバーグ、ファクトセット 基幹:2020年1月1日~2022年5月13日
[図表8]米国株と12ヵ月先予想EPSの推移 出所:ブルームバーグ、ファクトセット
基幹:2020年1月1日~2022年5月13日

 

米国株の一株当たり利益は2022年~2023年に前年比+10%の増益基調が見込まれています(図表9)。

 

出所:ファクトセット 注:米国株はS&P500指数。市場予想は5月13日時点。
[図表9]米国株の一株当たり利益・売上高の市場予想 出所:ファクトセット
注:米国株はS&P500指数。市場予想は5月13日時点。

 

企業業績が底堅さを維持するなかで株価の低迷が続く環境においては、株価下支えを図る経営者の判断によって配当・自社株買いの株主還元策が広がる可能性もありそうです。

市場はインフレと景気後退のリスクを警戒

当面のリスクとしては、米国のインフレ高止まりと景気後退の可能性に対する市場の警戒姿勢が続きそうです。

 

もっとも、米国のインフレに関しては、足元ですでにピークアウトの兆候が見えつつあり、2022年後半以降、インフレ率の鈍化が進むとの見方が市場の大勢です(図表10)。

 

出所:ブルームバーグ(期間)実績:2019年1月~2022年4月、市場予想:2020年2Q~2023年3Q
[図表10]米国の消費者物価指数(CPI)伸び率の実績と市場予想 出所:ブルームバーグ(期間)実績:2019年1月~2022年4月、市場予想:2020年2Q~2023年3Q

 

また、今後12ヵ月の米国の景気後退確率についても、直近では30%と景気後退を予想する市場参加者の見方はなお限定的に留まっています(図表11)。

 

出所:ブルームバーグ(期間)2008年4月~2022年5月
[図表11]米国の景気後退確率の市場予想の推移 出所:ブルームバーグ(期間)2008年4月~2022年5月

 

フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

 

【2/27開催】「区分マンションの相続税評価」
「暦年贈与制度」「相続時精算課税制度」
改正のおさらい&活用方法を一挙解説

 

【2/28開催】先々の供養方法で考える
「墓じまい」のお得で円滑な進め方

 

【2/28開催】オルタナティブとしての
「ワイン投資」の魅力

 

【2/29開催】「コモディティ」がインフレに強い理由
多彩化が進むゴールド・原油市場と向き合う姿勢を徹底解説

あなたにオススメのセミナー

    ※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。
    ●当資料は、説明資料としてフランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(以下「当社」)が作成した資料です。
    ●当資料は、当社が各種データに基づいて作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。
    ●当資料に記載された過去の成績は、将来の成績を予測あるいは保証するものではありません。また記載されている見解、目標等は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。
    ●この書面及びここに記載された情報・商品に関する権利は当社に帰属します。したがって、当社の書面による同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で配布することはご遠慮ください。
    ●当資料は情報提供を目的としてのみ作成されたもので、証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。
    ●フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第417号、加入協会/ 一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会・一般社団法人第二種金融商品取引業協会) はフランクリン・リソーシズ・インク傘下の資産運用会社です。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ