投資家デビュー&資産形成を目指す人!…まずは〈インデックス投信の積立投資〉がお勧めなワケ【経済評論家が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

近年、投資家デビューを志す人が増えています。投資にもさまざまな種類がありますが、もし老後資産の形成等の着実な成果を目指すなら、まずは投資信託を選択肢とするのがお勧めです。なかでも「インデックス型」は初心者にも敷居が低いといえます。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

老後資産を形成するなら「リスク回避」が重要

株式投資の目的はさまざまですが、大きく分けて「小遣いの範囲内でバクチを楽しむ」「老後資金などの一部をインフレに強い資産で持ちながら、欲張らずにリスクを抑えて可能な範囲での利益を狙う」といったところでしょう。

 

本稿は後者に関するものですので、前者を考えている方は読み進める必要はありませんが、「初心者は株価が上がると焦って買い、暴落すると狼狽売りをするので、結局高値で買って安値で売ることになりがちだ」ということを頭の片隅に置きながら、注意していただければ幸いです。

 

老後資金等については、なによりリスクを抑えることが重要です。大切な老後資金が大きく減ってしまっては、悲惨な老後になりかねませんから、「大儲けしてリッチな老後を」などと考えて危険な賭けをするのは避けましょう。

多くの銘柄×時間をかけて買う=リスク低減に

預金はインフレに弱い資産です。インフレが来ると、同じ金額で買えるものが減ってしまい、老後の生活に支障を来すリスクがあるからです。そうしたリスクを抑えるためには、老後資金の一部をインフレに強い資産である株式などに振り分けておくことが有益です。

 

株式を買うといっても、どの銘柄を買うべきか選ぶのは大変ですし、選んだ銘柄が運悪く値下がりしてしまうリスクもあります。そうしたリスクを抑えるためには、多くの銘柄を少しずつ購入すればよいでしょう。

 

多くの銘柄を持っていれば、値上がりするものと値下がりするものがあるでしょうから、大儲けは狙えなくても大損のリスクは抑えることが可能だからです。

 

買うタイミングも重要です。一度に多額の投資をすると、その日が偶然株価の安い日であれば大儲けができるかもしれませんが、その日が運悪く株価の高い日であった場合には、買ったあとで株価が大きく値下がりして大損を被る可能性もあるからです。

 

そうしたリスクを抑えるためには、時間をかけて少しずつ株式を購入していけばいいのです。そうすれば、安いときも高いときも少しずつ購入することになりますから、大儲けは狙えなくても大損をするリスクは抑えることができるはずです。

 

【9月27日(火)開催セミナー】
1000万円から始めるNY州シラキュース不動産
実質利回り10%以上「土地付き一戸建」
特選物件紹介セミナー

あなたにオススメのセミナー

    経済評論家

    1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

    著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

    趣味はFacebookとブログ。

    著者紹介

    連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ