【株式投資初心者向け】暴落リスクを低減し、資産形成の効率を上げる、システマチックな手法 (※写真はイメージです/PIXTA)

投資初心者が株式投資デビューをためらう理由のひとつに、価格が下がることへの恐怖心があると思います。しかし、一定の法則を守ることで、初心者でも価格下落のリスクを低減し、着実な資産形成を目指せる方法があります。経済評論家の塚崎公義氏が平易に解説します。

「株を買いたいが、暴落が心配」と思うなら…

投資初心者が株式投資をするとき、まず心配するのは「買った株が暴落しないだろうか?」ということではないでしょうか。

 

ならば、そんな不安を和らげるために「多くの銘柄の株を少しずつ買う」方法をお勧めします。そうすれば、どれか1つが暴落しても、ほかの株で儲ければ被害は防げますから。

 

もっとも、多くの銘柄の株式を購入するには莫大な資金が必要です。そこで、株式そのものではなく、「投資信託を購入する」という手段が有効になるわけです。

 

投資信託とは、プロが大勢の投資家から小口の資金を集めて多くの銘柄の株を買い、儲かっても損しても結果をそのまま(手数料を差し引いて)投資家に返す、というものです。

 

つまり、投資家は投資信託を買うことで、少額の資金で多くの銘柄の株を買ったのと同じ結果が容易に得られるわけです。これなら、どれか1つの銘柄が暴落しても安心ですね。

 

もっとも株式市場では、多くの銘柄が一斉に暴落することも珍しくありません。したがって、一度に大量の投資信託を購入するのではなく、時間をかけて少しずつ購入することが望ましいわけです。そうすれば、高いときも安いときも少しずつ買うことになるので、運悪く、大量に買った日がたまたま株価の高い日だった、といったことが避けられます。

 

大儲けを狙うなら、どれか1つの株を一度に買うのがよいのでしょうが、それは同時に、大損のリスクも抱えることになります。リスクを避けて安全運転を心がけるのなら、投資信託の積立投資がお勧めだ、というわけですね。

「高いときに休み、安いときに多く買う」方法

とはいえ、毎月定期的に買う必要はありません。高いときには買わずに安いときに多く買えばいいのです。株価が高いか安いかを見分けるのは難しそうですが、簡単な方法があります。

 

平均株価のPER(株価を一株当たり利益で割った値)が発表されているので、それが過去10年の平均より2割以上高ければその月は株式購入を休み、一方で2割以上安ければ普段の月の2倍買う、といった決め方をすればいいわけです。

 

それを毎月繰り返すことで、「株価が高いときには買わず、安いときには多く買う」ことの実現が期待できます。

「資産残高の目標額」を設定しよう

上記の方法は簡単で便利なのですが、PERが過去10年の平均より高い時期が続いてしまうと、まったく買えないといった事態にもなりかねず、反対に低い時期が続くと、毎月多額の購入資金が必要になりかねません。

 

そこで筆者は「目標残高を決める」という方法をお勧めしています。「30年後に360万円分の株式投信をもつ」といった目標を決めるわけですね。そうすると、毎月1万円ずつ増えればよいので、1年後には12万円が目標ということになるわけです。

 

1年後に、残高が12万円を超えていれば、その月は買わないでいいわけですね。それは、目標を超えているから買う必要がない、ということでもありますが、目標を超えているということは過去1年間の平均よりも今月の株価が高い、ということですから、買わないほうがよい、ということでもあるわけです。

 

反対に、1年後に残高が12万円を下回っていれば、2万円分購入することにすればよいでしょう。目標のペースを下回っているから頑張る、ということでもありますが、その月は過去の平均より安く買えるので、多めに買う、ということでもあるわけですね。

 

あるいは、1年後にたとえば残高が15万円であれば、3万円分は売却しても構わないかもしれません。過去1年の平均より大幅に高いので、一部を売ってしまおう、といわけですね。反対に、9万円しか無ければ3万円分買う必要がありますね。

 

そうしたルールに従って毎月の投資を行っていれば、結果として「株価が高いときには買わず、安いときには多く買う」が可能になるわけです。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ